ペット 犬のしつけ

うちの柴犬と楽しく過ごすために、しつけておきたい、散歩の時の注意事項

投稿日:

うちの家には、1歳半になる黒柴がいます。

子どもたちが小さい時から、ワンちゃんが欲しい。

とずーっと言われ続けてきて、

まだ、子どもたちが小さい間は、世話なんてできないだろうから、

きちんと自分たちで世話ができるようになったら飼ってもいいよと言ってきてました。

そして、ついに、その時がやってきたのです。

上の子が高校生。

下の子が中学生。

もう自分でも散歩、餌やり、しつけ、ができる年です。

生き物を飼うということは、その命を預かるるって事。

生まれて二ヶ月目にうちの子に迎えたのですが、その時から、ずっと心がけていることがあります。

柴犬と楽しく過ごすため

せっかく、うちの子に迎えたからには、楽しく過ごしたいですよね。

それは、わんちゃんの方も同じですよね。

飼い主と楽しい生涯を送ってもらいたい。

僕たちと比べて、犬の一生はほんのわずか。

そのわずかの間、一緒に過ごせる時間は、さらにほんのわずか。

 

ワンちゃんが、ストレスなく、楽しい生涯を送ってもらうためにも、

お互いが楽しいワンちゃんとの共同生活を送ることができれば、

それが一番の宝物になると思いませんか?

必ず、しつけておきたいこと

そのためにも、必ず、しつけておきたいことがあります。

それは、噛みつかない。

散歩の時に引っ張らない。

待てができること。

 

これができるようになれば、散歩も楽にできますし、飛び出して車にはねられたり

なんてことも、回避できる可能性が高まりますね。

でも、プロのトレーナーでもないのに、どうやってしつけたらいいのか、なかなかわかりませんよね。

 

うちの場合はどうしたか、ブリーダーさんに教わっちゃいました。

子犬の間は特に、歯が痒いのか、いろんなものにかぶりつくものだそうですね。

 

でも、人間に噛み付いたら大変です!

すぐに、マズルを押さえながら、ダメっと低い声でしつけるといいです。

 

これで、うちの子は、噛まなくなりました。

あとは、散歩の時に餌を常に携帯して、注意を引くことですね。

引っ張ろうとしたら、横に着くように餌で釣り、横に来たら、褒めて餌をあげる。

 

これを繰り返すことで、横にいると餌がもらえると思って、引っ張らなくなります。

 

あとは、待て、ですね。

 

歩いている時に、待てと同時にとまる。その時に餌をあげる。

これで、待ても覚えちゃいました。

 

まとめ

必要最低限のしつけはこんなもので大丈夫でしょう。

あとは、お手とおかわり、伏せなんてものも覚えさせると、楽しいですね。

ワンちゃんも、遊ぶことでしか、飼い主と接することができません。

 

たくさん接することで、ワンちゃんも安心します。

話すことができなくても、気持ちが通じ合うって感じ、ワンちゃんと共有できたら楽しいですよね。

 

いっぱい愛してあげて、たくさんの思い出作ってあげたいですね。

 

-ペット, 犬のしつけ

Copyright© 山のおやじ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.