テクニック

パワースポットと心霊スポットの違い理解してますか?

投稿日:

ここ近年でよく耳にするようになったパワースポット。

そして昔から肝試し等でよく用いられる心霊スポット。

 

これらはいずれも目には見えないものを感じる

スポットとして有名ですよね。

 

そんな2つのスポットの大きな違い、

どこで見分けるかご存知ですか?

 

それは簡単に言うと、人の心の奥深くで感じるものか、

それとも体の表面上で感じるものかどうかです。

 

 

パワースポットはスピリチュアルな場所で、

その場所に行くとご利益が得られそうだったり、

 

心が澄んで落ち着くといった

人の心の奥深くまで浸透していく感覚がします。

 

 

それはマイナスイオンを

浴びているような

感覚にもなるぐらい、

 

日頃のざわついている心を静めてくれるような

プラスの要素になりうるスポットなのです。

 

 

その逆に心霊スポットとは、

その字の通り

実在する霊が住み着いているスポットです。

 

 

テレビでよく目にする光の玉、

オーブのような存在も、

そのようなスポットに多く住み着いています。

 

霊感のない人達が行くと、

理由は分からずとも

鳥肌が立ったり気味が悪いという

 

底無しの恐怖感に襲われる、

それが心霊スポットです。

 

 

そんな2つのスポットの違いを

もう少し詳しくご紹介しながら

今後の参考にしてみてくださいね!

 

パワースポットと心霊スポットの違いは何?重要なのは感じる場所!?

 

パワースポットは世界中の様々なところに

点在しています。

 

場所によってはそこは聖地ともいわれる

場所もあります。

 

 

そんなパワースポットは日本中の各地にも

点在しているのです。

 

そしてパワースポットとは、

その場所というだけに限定されず

川であったり岩であったりと物で

あることもあります。

 

 

そのパワースポットもそこを訪れる人によって

感じるものが違うものです。

 

人によってはその場所に来ただけで

心が癒されて洗われるような感覚がしたり

 

安心したり落ち着くといったような

主に心の奥深くが満たされるような

 

邪念が抜けていく感覚になり、

無心になることもあります。

 

 

そしてその場所、その場所で

得られる効果も違うので、

 

パワースポット巡りをしてみて

自分と相性のいいパワースポット

見つけてみるのも楽しいかもしれませんね!

 

 

ちなみに、日本に点在している

パワースポットには様々あり、

 

格式のある神社やお寺をはじめ、

山や湖、自然破壊が進んでいない場所

というのもパワースポットになります。

 

 

有名な場所で言えば、

富士山屋久島琵琶湖厳島神社といった、

日本でも有数の観光名所もパワースポットなのです。

 

 

ちなみに私がそのパワースポットのような感覚を

感じたのは、京都にある壬生寺

 

壬生寺は幕末や新選組が好きな人には

お馴染みのお寺ですが、

 

この壬生寺は新選組の一番隊組長である

沖田総司が子供たちと遊んでいた場所

という逸話が残る場所。

 

 

私は他にも多くの神社やお寺を

巡ったことがあるのですが、

 

壬生寺だけは境内の辺りまで来ると

とても空気が澄んでいて

時が止まったような感覚になるのです。

 

 

そして此処ならば何時間いても苦にならないと

感じるのです。

 

普段の壬生寺はとても静かで

一切余計な音がありません。

 

 

耳を澄ませると幕末の当時、

沖田総司と子供たちが

 

楽しそうに遊んでいる笑い声が

聞こえてきそうな感覚にもなります。

 

そしていつの間にか心の奥底が

じんわりと温かくなるのです。

 

 

何よりも安心感と落ち着きを

取り戻させてくれるような、

 

それでいて初心に戻してくれるような

感覚のある壬生寺は、私にとっては

個人的なパワースポットとなっています。

 

 

こうして世界各地、日本各地に

点在するパワースポットだけではなく、

 

私のように個人的に感じる場所がある、

それこそがパワースポットなのです。

 

 

逆に心霊スポットというのは、

テレビでもよく紹介されていますが

主にオカルトという類になる場所になります。

 

テレビでよく見るのはカメラ等の

レンズ越しに見るとオーブと呼ばれる

の玉が無数写っていたり、

 

心霊写真のようにそこに存在している

霊そのものが写り込んだり、

 

写っている人に何かしら異変が生じている

場合もあります。

 

 

また、その場所に行くと霊感がない人でも

背筋が凍る感覚がしたり

 

誰かに見られているような感覚、

敏感な人だと体に不調を訴えたり

 

体中、もしくは体の一部に違和感や重さ、

痛みを感じる人もいます。

 

 

昔から肝試しとして有名な心霊スポットはお墓

 

夏の風物詩の1つとしてそうした

肝試し感覚で巡ったり、

 

またいわくつきの場所を巡ったりと

1度は経験があるのではないでしょうか。

 

 

近年よくテレビで取り上げられているのは

島原の乱で有名になった天草四郎率いる反乱軍が

幕府を相手に奮闘した島原城跡

 

そこには天草四郎の銅像をはじめ、

その場で起こった悲劇の数々が

 

言い伝えられると同時に

心霊スポットの1つとなっています。

 

 

そしてその場所にはその当時の人々の想いが

今も根付いているのか

 

人が来るとまるで彼らの悔し涙や

悲し涙のような雨が降ったり

 

その場所で写真を撮ったりすると

オーブが写ったり、

 

時と場合によっては天草四郎のような人影が

写ったりしています。

 

 

その場所もやはり、体調不良を訴えたり

体の全体もしくは一部に違和感を感じる人も多く、

 

心霊スポットに行く場合は、

そのようなことに敏感な体質であるならば

あらかじめ控えておくか

 

そのようなものを寄せ付けないものを

身につけて行くことです。

 

 

私の友人には霊感を持つ人たちが複数いますが、

その友人たちが言うには、

霊は心優しい人についていきがちだということ。

 

 

霊感があって霊の存在が見える人たちには

もちろんのこと、

 

例え霊感がなくても普段から誰にでも

心優しい性格だと、

 

霊たちは自分の話を聞いてもらおうと

その人について行ってしまうのが

習性なんだとか。

 

 

心霊スポットに行くとそうした霊を

車や自宅の中まで

 

知らないうちに連れ帰ってしまっている

ということも多いのです。

 

 

ですので、もし万が一心霊スポットに行くときには、

玄関先に清めの塩などそういった工夫をしましょう。

 

そうした何かしら悪い意味で

心や体調に変化をもたらす場所が

心霊スポットなのです。

 

 

ですので先ほど言ったように、

心霊スポットに行くには丸腰ではいかずに、

何かしらの対策をとっていきましょう。

 

まとめ

 

さて、ここまでパワースポットと

心霊スポットの違いを

私なりにご紹介してきましたが、

 

 

改めてこの2つのスポットの違いをまとめると、

人の心の奥深くで感じるものか、

それとも体の表面上で感じるものかどうかです。

 

 

パワースポットは人の心の奥深くに

眠っているものを揺り動かすような

感覚のする場所。

 

そして心霊スポットとは、

背筋がゾクッとしたり鳥肌が立ったり

 

何かしら体調や体に異変が

出てきやすい場所です。

 

 

パワースポットに行く際には

特別に装備したり用心したりという

ことはしなくてもいいですが、

 

心霊スポットに行く際には

自己防衛できるものを身に付けたり

 

玄関先や社内に施してから

巡ることをオススメします。

 

 

そういう場所に行く際には

是非とも参考にしてみてくださいね!

 

-テクニック

Copyright© 山のおやじ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.