テクニック

諦めちゃダメ!洗濯で縮んだ衣類を元に戻すマル秘テク教えます!

投稿日:

お気に入りの洋服を洗濯機で洗ったら

縮んでしまったという経験はありませんか?

 

 

わたしはウールのニットを、

おしゃれ着洗剤を使って

ドライモードで洗ったのにもかかわらず

縮んでしまったことがあります。

 

手で伸ばしたり、アイロンをかけたりと

色々試してみましたが

結局元に戻すことはできませんでした。

 

買ったばかりのお気に入りの洋服だったりすると

ショックが大きいですよね。

 

 

一度縮んでしまった洋服は元には戻せないと

あきらめているかもしれませんが、洋服の素材によっては

元の状態に近いところまで戻せる場合もあるんです。

 

 

縮んでしまった洋服を元に戻すには、

 

  • トリートメントを溶かしたぬるま湯に30分つけ置きする
  • 柔軟剤を溶かしたぬるま湯に30分つけ置きする
  • スチームアイロンを当てて伸ばす

 

などの方法があります。

 

 

ここでは特に洗濯によって縮みやすい

ウールや綿(コットン)素材の洋服を

元に戻す方法をご紹介します。

 

あきらめてタンスの奥のほうにしまっている

お気に入りのニット。

 

もしかしたらまた着られるようになりますよ!

 

 

なんで洗濯すると衣類は縮むの?理由をマジメに解説します!

 

洗濯すると洋服が縮むのはなぜなのでしょうか?

 

洋服の素材によってその原因は異なります。

 

ウール、カシミヤ、アンゴラなどの

動物の毛で作られた洋服の場合、

繊維の表面はうろこ状のたんぱく質で覆われています。

 

うろこ状のたんぱく質は乾いているときには閉じていて、

水に濡れると開く性質があります。

 

 

うろこが閉じている状態では繊維どうしはからみにくく、

開いている状態では繊維がからみやすい状態に。

 

洗濯機でニットを洗濯する場合、

繊維表面のうろこ状のたんぱく質が開いた状態で

繊維同士がこすれ、からみ合ってしまいます。

 

それによってニットが縮んだり、

フェルト状に固まってしまったりするのです。

 

人間の髪の毛が水に濡れると、

キューティクルが開いてからまりやすくなるのと

よく似ていますよね。

 

 

綿(コットン)製品の場合は、

製作時に強く引っ張る工程があるため、

元に戻ろうとする性質があります。

 

また、綿は吸収性に優れているため、

水分を含んで繊維が膨張し、

乾くときに縮むという現象が起こります。

 

乾燥機を使って短時間で一気に乾燥させると

より縮みやすくなります。

 

 

知らなきゃ損!?洗濯で縮んだ洋服を元に戻すのはこんなに簡単!

 

一度縮んでしまった洋服を元に戻す方法は、

その素材によっても異なります。

 

ウール、カシミヤ、アンゴラなどの動物の毛で作られた繊維は

人間の髪の毛の構造とよく似ています。

 

 

そこで、ヘアトリートメントを使います

 

ヘアトリートメントには「ジメチコン」という

シリコン成分が含まれていて、

髪の毛の表面をコーティングして

絡まりにくくする働きがあります。

 

それと同じように、

ウールの繊維の表面をコーティングして

からまった繊維をほどくことができれば、

縮んでしまったニットを元に戻せるというわけです。

 

 

最近はノンシリコンのトリートメントも

多く販売されていますが

ジメチコンが含まれていないトリートメントでは

効果がありません。

 

普段使っているトリートメントに

ジメチコンが含まれているか、

成分表示をチェックしてから使いましょう。

 

 

やり方は、まず30度くらいのぬるま湯に

ヘアトリートメントを少量溶かします。

 

目安は洗面器たっぷりのぬるま湯に

10~15cc程度が目安です。

 

この中に洋服を入れ、伸びた部分を

優しくひっぱって伸ばします。

 

30分間放置したあと、

水ですすいだり脱水したりせずに、

やさしく水気を絞ります。

 

バスタオルで挟んでしっかり水気をとったら

日陰で平干しして乾かしましょう。

 

 

ひどい縮みの場合は、

さらにスチームアイロンを使って

伸ばすと効果的です。

 

アイロンは洋服に直接当てるのではなく、

1cmほど浮かせて、蒸気を当てるようにします。

 

蒸気を当てた場所を手でひっぱって広げて、

1か所が終わったら、また蒸気を当てて手でひっぱる、

というのを繰り返していきます。

 

時間はかかりますが、トリートメントつけ置きと

スチームアイロンの合わせ技で、

動物系の繊維の縮みはかなり治すことができます。

 

 

綿製品の場合も同じようにつけ置きが効果的ですが、

使用するのは衣類用の柔軟剤です。

 

30度くらいのぬるま湯に柔軟剤を少量溶かし、

洋服を入れ、伸びた部分を優しくひっぱって伸ばします。

 

30分放置したあと、脱水し、形を整えて陰干ししましょう。

 

 

まとめ

 

洗濯をして縮んでしまった洋服を

元に戻す方法をご紹介しました。

 

ウールやカシミヤ、アンゴラなど

動物の毛を使った洋服の場合は

トリートメントを溶かしたぬるま湯に

30分つけ置きします。

 

さらにスチームアイロンの蒸気を当てて

手で伸ばすようにすると、頑固な縮みも

治せることがあります。

 

 

綿などの植物系の繊維でできている洋服は

柔軟剤を溶かしたぬるま湯に30分つけ置きします。

 

 

これらの方法で、縮んでしまった洋服を

また着られるようにできますよ。

 

 

特別な薬剤を買う必要はなく、

家にあるものでできる方法なので

試しやすいのではないでしょうか?

 

もうあきらめて処分しようと思っている洋服があれば

捨ててしまう前にぜひ試してみてくださいね。

 

-テクニック

Copyright© 山のおやじ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.