子育て

新スーパー戦隊『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』出演者 相関関係やあらすじまとめ

読者
新しい戦隊シリーズってどんなキャラクターなのかなあ

こう言った疑問に答えます。

新番組は、来年3月6日にスタート!

ネーミングセンス抜群!?の

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ(あばたろうせんたい ドンブラザーズ)』に決定しました。

Amazonプライムの無料体験で全話視聴可能です♪

番組のロゴがなかなかかっこいい!

キャラクターが昔話に出てくる「桃太郎」をイメージしたキャラクターというのが、今までにない新たな切り口ですよね。

この記事では、新しい戦隊モノ、『暴太郎戦隊ドンブラザーズ(あばたろうせんたい ドンブラザーズ)』のあらすじ、出演者情報を紹介しています。

本記事のテーマ

新スーパー戦隊『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』出演者や相関関係あらすじまとめ

主人公はドンモモタロウ(レッド)

おでこには桃、頭にはちょんまげと、これもまた完全に桃太郎です。

桃太郎同様、強力なお供を従えて、強大な敵を倒していきます。

 現在放送中のスーパー戦隊は、『機界戦隊ゼンカイジャー』

これまでも、戦隊モノには“ジャー”がついていたのですが、今回はジャーなし!

『特命戦隊ゴーバスターズ』(2012~2013年)以来、10年ぶりのジャーなしに挑戦するところも、この番組にかける意気込みが表れてますよね。

あらすじ

 

本作の主人公である、ヒーロー・ドンモモタロウ(レッド)は、織田信長を思わせるような、勢いのあるキャラクター設定。

 

生まれてすぐ、桃の形のカプセルに乗せられて飛来した、という過去をもち、昔話に出てくる桃太郎が桃から生まれたというのは実は桃の形をしたカプセルだったのかもしれないと、宇宙人的な物語だったのかもしれないと思わせる内容です。

そんなドンモモタロウと共に敵に立ち向かうのは、サルブラザー(ブルー)、イヌブラザー(ブラック)、キジブラザー(ピンク)といったおなじみの桃太郎のお供“猿、犬、雉”をイメージしたメンバーとなっているのもおもしろいですね。

さらに、鬼をイメージしたオニシスター(イエロー)の姿もあり、鬼が仲間になってる点は、本家桃太郎と少し設定が違うようです。

5人がどんな関係になのかは、新しい情報が入り次第更新していきますね。

『ドンブラザーズ』の最大の特長であるビジュアルですが、ドンモモタロウの頭に“ちょんまげ”スタイルを筆頭に、鬼の“ツノ”が生えたオニシスター、なぜか筋肉モリモリの“マッチョ”なサルブラザーと見た目のインパクトが凄すぎます。

 

さらに、今回の戦隊モノは、人間以外のキャラクター設定が光ります。

イヌブラザーは、全長100センチの“3頭身”キャラ

キジブラザーは全長22センチの“長身”スタイル。

5人?が勢ぞろいしたところは、これまでのスーパー戦隊シリーズ史上、類をみないスタイルとなることは間違いありません。

きめのポーズは、見ものですね。

放送開始に先立ち、来年1月9日放送の『機界戦隊ゼンカイジャー』(第42回)には、ドンモモタロウがサプライズ登場することも決定しています。

 

おなじみバトンタッチが見られるのでしょうか。

ドンモモタロウは一体どんなキャラクターなのか、ゼンカイザーたちとどんなやり取りを繰り広げるのか、今から期待値上がりますよね。

 

ドンモモタロウらが変身するアイテムは、変身銃「ドンブラスター」

「ゼンカイジャー」に登場する「センタイギア」も読み込めるということで、これは子どもも喜びそうな設定ですよね。

また、ドンモモタロウがあやつるスーパーバイク・エンヤライドンは、

 

「ゼンカイジャー」のゼンカイジュランと合体することも可能!

これはまた、めちゃくちゃ面白い今までにない設定が、子ども達を虜にしそうです。

巨大ロボの登場は、戦隊モノにはつきもの!

近年の戦隊モノは、世界観設定を完全にリセットしてきました。

昔の戦隊モノ『電子戦隊デンジマン』(1980年~1981年)から『太陽戦隊サンバルカン』(1981年~1982年)までは、人気敵キャラ・へドリアン女王が連投した例もあるので、今回はその設定が復活したかんじですね。

 

今のお父さん世代より少し前の戦隊モノなので、若いお父さんたちは知らないかもしれません。

約40年ぶりですが、今度はヒーロー側で同じ現象を採用するところはかなり見応えがあるのと、おもちゃを飽きずに遊べるのも嬉しい設定ですよね。

『ゼンカイジャー』で、そう言ったところの設定の秘密が明かされるのかもしれません。

 

出演者 相関関係

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』制作発表会見は、2月9日に行われ、キャスト陣が発表されました。

ドンモモタロウ:桃井タロウ(ももい・たろう)/役 樋口幸平

樋口幸平(ひぐち・こうへい)
2000年11月30日生まれ

主人公、桃井タロウは、21歳。

嘘がつけないというより、生まれながらに嘘をつく機能がかけている。

赤ん坊の頃に、桃型のカプセルに乗り人間界にやってきた。

カプセルを拾ったのはおばあさんではなく、男(桃井 陣)。

養子として、タロウはすくすくと育ち、やがて鬼退治・・・

ではなく、家出。

現在は宅配のアルバイトをしながら一人暮らしをしている。

アバターチェンジするドンモモタロウは剣術を得意とする。

 

サルブラザー:猿原真一(さるはら・しんいち) /役 別府由来

別府由来(べっぷ・ゆうき)
1998年11月24日生まれ

猿原真一は21歳。

几帳面で博学の風流人。

近隣からは教授と慕われ、良き相談相手となっている。

シャーロックホームズのような鋭い観察眼を持ち、相手を分析する能力に長けている。

猿原真一がアバターチェンジするサルブラザーは筋骨隆々のパワーが特徴。

オニシスター:鬼頭はるか(きとう・はるか) /役 志田こはく

志田こはく(しだ・こはく)
2004年5月25日生まれ

鬼頭はるかは、17歳の女子高生

漫画家志望で、漫画賞を受賞するほどの実力の持ち主だったが、

戦士として戦うことで、その栄光はご破算になってしまった。

現在は、女性刑事として活躍している叔母と二人暮らし。

鬼頭はるかがアバターチェンジするのは鬼

ではなく、オニシスター

トリッキーな動きを得意とする。

 

イヌブラザー:犬塚 翼(いぬづか・つばさ) /役 柊太朗

柊太朗(とうたろう)
2000年10月27日生まれ

犬塚翼は、24歳

現在は、謎の罪を着せられ、指名手配中の逃亡犯。

皮肉屋の嫌われ者で、他人を信用せず、利己的な性格。

逃亡しながら真犯人を探している。

犬塚翼がアバターチェンジするイヌブラザーは身長100cm、俊足が持味。

 

キジブラザー:雉野つよし(きじの・つよし) /役 鈴木浩文

鈴木浩文(すずき・ひろふみ)
1988年11月3日生まれ

雉野つよしは33歳

平々凡々な生活を送る妻帯者。

他のメンバーと違って、失うものは何もない。

自分の夢をもてないため、妻の夢を叶えようとしている。

雉野つよしがアバターチェンジするキジブラザーは足が長く、身長220cm、空中戦が得意。

 

ゼンカイザーブラック:五色田介人(ごしきだ・かいと)/役 駒木根葵汰

駒木根 葵汰(こまぎね・きいた)
2000年1月30日生まれ

はるかがアルバイトをしている喫茶店「どんぶら」のマスター。
『ゼンカイジャー』の主人公役をしていたが、今作も続投。

全く違うキャラとして、
ドンブラザーズをサポートしている。

桃井 陣(ももい・じん) /役 和田聡宏

和田聰宏(わだ・そうこう)
1977年3月25日生まれ

 

タロウの育ての親

なぜか、タロウを拾ってからは歳を取らない。

何らかの罪を着せられ、バーチャル刑務所に収監中。

アバターとして各所に出没することができる。

不思議なサングラスを配り、タロウとともに戦うお供四人を集める。

■脳人(のうと)

謎の存在

ソノイ /役 富永勇也

富永勇也(とみなが・ゆうや)
1994年11月8日生まれ

非常に穏やかで優雅な物腰の持ち主であり、
絵画鑑賞が趣味。

 

ソノニ /役 宮崎あみさ

宮崎あみさ(みやざき・あみさ)
2002年10月28日生まれ

人間界の恋愛に、興味を持っている。

ソノザ /役 タカハシシンノスケ

タカハシシンノスケ
1993年1月20日生まれ

場違いな所で笑ったり泣いたりと、行動が不気味な男。
人間の喜怒哀楽に興味を持っている。

 

まとめ

キャスト陣が明らかとなり、まもなく物語のスタートです。

これまでにない異彩を放ったヒーローはどんなストーリーなのか、放送が待ち遠しいですね。

Amazonプライムの無料体験で全話視聴可能です♪

-子育て

Copyright© ハルブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.