筋トレ

可変式ダンベルならボウフレックス!実際に購入した感想は?

読者

コロナで外出できないし、この機会に体を鍛えるのもいいよね。

ダンベルでも買おうかと思って、ネット検索してるんだけど、

全然売ってない・・・

 

みんなおうちトレーニングやってるんですね

 

ボウフレックスの可変式ダンベルほしいなあ。。。

 

 

こんな悩みを解決します。

 

ポイント

・可変式ダンベルの使用感

・パワーブロックとの比較

・中国製を勧めない理由

 

について順番に解説していきますね。

 

僕は、3年前に筋トレを始め、15キロのダイエットに成功し、筋トレを日課にして継続中。

 

筋トレグッズは、自宅に豊富に揃え、自宅ジムでパーソナルトレーナーを実施しています。

そんな僕が、いろいろな筋トレグッズを試した中でおすすめするのがBowflex(ボウフレックス)の可変式ダンベルです。

 

具体にどんな所がいいのか、使用感も含め解説します。

可変式ダンベルの使用感

可変式ダンベルの使用感

はっきり言って、神レベルです。

 

ダイヤルを回すだけで重さを変えることができるというのが可変式ダンベルのメリットなのですが、その動きがとてもスムーズです。

 

そして、正規品ということもあって、品質は補償付き。

 

重さが違うとか、使用中にプレートが落ちるなどと言った危険性もありません。

 

〜公式サイトより〜

 

 

今回、可変式ダンベルを追加購入したのは、妻も筋トレを始め、パーソナルトレーナーとして事業開始したことが大きいです。

 

いろんなメーカーが可変式のダンベルを販売していますし、値段もピンキリ。そこそこ高いのは、コロナの影響もあって、自宅トレーニングを始める方が増えたことも影響があると思います。

 

しばらくは、品薄が続くかもしれませんが、工場が通常稼働するようになれば、流通も始まると思います。

 

そして、正規品のBowflexは、今はここでしか買えないようでした。

少し高いですが、最高にいい買い物をしたと思います。

 

おかげで、トレーニングに集中できます!

テンション上がりますよね♪

 

やはり重量級のダンベルなので、専用のスタンドがあると腰を痛めなくていいと思います。

 

次はこちらを購入予定です。

 

パワーブロックとの比較

パワーブロックとの比較

実は、パワーブロックという可変式ダンベルも自宅には揃えていまして、こちらの方を先に購入し、利用していました。

 

 

某○○ザップの宣伝にも登場していたので、つい、買ってしまったんです。

 

当時は、ネットにも疎く、可変式ダンベルは、これしかない!

 

っていう感じで購入しました。

値段は、覚えていませんが、5万円程度だったかと思います。

 

40キロという重さも魅力的でした。

 

やはりデッドリフトをするとなると、片側20キロでは、物足りないのです。

 

使用中の難点としては、ポンド表記ということと、プレートを差し込む金具が、向きによっては体に引っかかるため、使用中の意識がダンベルに行ってしまうという点です。

ただ、慣れると、使いやすい。

コピー品でも、気を付けていれば、全く問題なく使えます。

 

なんと入っても、価格的に一番購入しやすいというのは大きいですよね。

中国製を勧めない理由

中国製を勧めない理由

前述したパワーブロックが恐らく中国製。

当時の納品書はもうありませんし、値段も正確には覚えていませんが、現在販売しているものと恐らく同じです。

パワーブロックの表記もありませんし、コピー商品だと思います。

 

それが、とんでもなく、危険なこともあったのです。

 

なんと、プレートを支えるピンが外れ、重りがそのまま床へ落下!

危うく、足の上に落ちる所でした( ̄▽ ̄;)

 

それからは、ピンが外れないように、向きに注意したりと筋肉とは違う所に意識が入ってしまうので、安物はそういう注意が必要なものとして、使用していました。

 

ただ、全てのものがそうかというと、そうでないので、たまたまかもしれません。

 

実際日本に流通しているものの大半は中国製だったり、中国の部品を使ったりしていますからね。あの有名なiphoneも中国の工場で作っていたりしますから、今は販売延期なんてことになっていますよね。

 

なので、類似品でも充分満足できると思いますが、金銭的な余裕があるのであれば、正規品の購入をお勧めします。

 

安心料ですね♪

 

まとめ

まとめ

トレーニングに集中するためには、筋肉のどのあたりに効いているのか確認しながら筋トレすることが効果的です。

 

プレートが落ちないか?

ピンが当たらないか?

 

なんてことは、本来必要ない心配ですからね。

 

安易に安物を買って後悔しないよう、正規品の購入が一番だと思います。

 

もちろん、中国産でもある程度妥協することができるのであればいい買い物だと思います。

 

それぞれ、自分に合ったものを使うことが一番ですね。

 

今回は以上です。

 

-筋トレ
-, ,

Copyright© 山のおやじ日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.