雛まつり

ひなまつりいつから飾る?雛人形を飾るのに心がけたい2点とは?

更新日:

雛人形を飾るのは、日本の伝統文化で、ほんと素敵な行事ですよね。

 

女の子が生まれた時に、母方の祖父母から贈るのが一般的かと思われますが、家の広さや家庭の事情など、様々でしょうから、必ず、こうしなければならないというものでもありません。

しかし、せっかく雛人形があるのであれば、飾るときに絶対に注意しなければならない点があります。

その2点だけ注意しておけば、大丈夫なので、

お子様のためにも知っておいた方が良さそうですね。

 

雛人形を飾る日はいつがいいのか

 

立春から、飾るのが一般的なようですね。

2月3日の節分が終れば、立春ですから、節分が終わったら飾ると覚えておくといいですね。

2月4日から中旬ぐらいが一番ベストな時期とされています。

 

所によっては、二十四節季の雨水(うすい)の日、2月19日頃に飾ると、良縁に恵まれるとのことで、この日を選んで飾り付けるのもいいかもしれませんね。

二十四節気(にじゅうしせっき)は、今でも立春、春分、夏至など、季節を表す言葉として用いられています。1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたもので、「節(せつ)または節気(せっき)」と「気(中(ちゅう)または中気(ちゅうき)とも呼ばれる)」が交互にあります。太陰太陽暦(旧暦)の閏月を設ける基準となっており、中気のない月を閏月としていました。二十四節気は、その年によって1日程度前後することがあります。

国立国会図書館より

特に、この日に飾らなければいけないということではありませんが、この日だけは避けたい人いうのはあります。

それは、3月2日

雛祭りの前日です。

 

実は、雛祭りは、3月3日だけでなく、2日が宵節句、3日が本節句、4日が送り節句とされており、

2日から、雛祭りは始まっているんですね。

 

しかも、1日前に飾ると、一夜飾りと言って、縁起が悪いのです。

 

いわゆる、お葬式も一夜飾りですので、慌てて、1日前に出すのだけはやめておきましょう。

 

早め、早めの心がけが大切ですね。

 

お子様の大切な雛飾り、なるべく長く飾っておきたいですね。

お子様の成長に合わせて、一緒に飾ることも、家族行事の一つでとっても楽しいですよね。

 

雛人形を片付ける日はいつがいいのか

では、片付ける日はどうでしょう。

早く片付けないと、嫁に行きそびれると言いますが、

4日は送り節句で、まだ祭事中。

3月中旬までの、なるべく天気の良い、湿気のない日に片付けるのが、いいですね。

 

中でも、

二十四節季の啓蟄(けいちつ)にあたる、3月5日が最もよいとされています。

 

お子様のためにも、楽しい雛祭りを過ごすためにも、飾り付けの日と片付けの日は間違えないようにしましょう。

 

飾り付けと片付けのコツは

毎年、飾り付けで悩むのが、小物類の並びですね。

 

写真で撮っておいて、毎年見れるようにしておくと、飾り付けの時に悩みませんよ。

 

片付けの際にも、ビニール袋などに小分けに揃えておくと、取り出しやすくて楽チンです。

 

お人形の湿気取りのため、きっちり保護しながら、虫食い予防もしておきましょうね。

 

雛祭りの食べ物の由来を知れば、雛祭りが10倍楽しめる→こちらの記事も読んでください。

-雛まつり
-, ,

Copyright© 山のおやじ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.