アニメ 動画配信 子育て

『鬼滅の刃』アニメ第9話『手毬鬼と矢印鬼』あらすじ・感想  無料配信サイトを紹介  

第9話『手毬鬼と矢印鬼』あらすじ

炭治郎を助けた者は、珠世と愈史郎という鬼だった。珠世は炭治郎たちを、”目隠し”の術を施した屋敷へといざなう。
そこで炭治郎は、珠世との会話から、鬼を人に戻す方法についての活路を見出すのだった。
そのとき――炭治郎を追うふたりの鬼が屋敷の場所をつきとめ、猛烈な攻撃を繰り出す―。

公式サイトよりhttps://kimetsu.com/anime/risshihen/story/?story=9

ネタバレ感想

鬼舞辻無惨の直属の配下である十二鬼月を相手に、炭次郎は苦戦する。

手毬鬼の腕が6本になり、毬の数も6個に。

縦横無尽に飛んでくる毬で、愈史郎の頭が吹き飛んでしてしまう。

え!死んでしもた?

 

いやそこは流石に鬼。

頭をも再生させる愈史郎のシーンはかなりリアル?です。

毬の方向が読めない炭次郎は苦戦するが、頭が再生した愈史郎の血気術により、毬の方向を読み取れるように。

 

しかし、手毬鬼の腕を切り落とすも、再生スピードが早く、すぐに元どおりに手が生えてくる。

 

愈史郎の指示のもと、矢印鬼を仕留めるため、技を繰り出す。

 

愈史郎と禰豆子、珠世は手毬鬼に苦戦する。

手毬鬼の毬は強力で、蹴り返そうとする禰豆子の足も切断してしまう。

 

戦いのシーンは毎回、細かな演出により観るものを飽きさせません。

 

 

矢印を巻き取り、勢いを分散した丹次郎は見事矢印鬼の首を切り落とすことに成功。

技の応用で、矢印鬼の攻撃を交わすところは見応えありです。

みごと矢印鬼を倒した炭次郎は、手鞠鬼も倒せるのか。

次回も見逃せません。

 <<第8話    第10話>>

無料で一気見するにはこちらの記事が参考になりますよ。

鬼滅の刃 関西で再放送決定!見逃したあなたも大丈夫!ネット配信徹底比較!無料で動画を見る方法

-アニメ, 動画配信, 子育て

Copyright© 山のおやじ日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.