オクトー ドラマ

オクトー感情捜査官 第7話のロケ地あらすじネタバレ感想

読者
オクトー第7話面白かったあ

 

8月18日、ドラマ オクトー第7話が放送されました。

オクトー感情捜査官 第7話の見どころ感想をまとめました。

 

本記事のテーマ

オクトー感情捜査官 第7話ロケ地見どころ感想まとめ

この記事では、

・オクトー感情捜査官第7話のロケ地

・あらすじネタバレ感想

 

について紹介しています。

 

オクトー感情捜査官 第7話のロケ地あらすじネタバレ感想

とあるビルで、清掃員の川瀬洋和(ベンガル)が屋上から転落死した。まもなく、同僚の清掃員・成海道子(室井滋)が逮捕される。道子が川瀬を突き落とすところを見たという目撃者の証言もあった。
朱梨(飯豊まりえ)と風早(浅香航大)が取調べを行うと、道子は「私が殺しました」と自供する。朱梨は、道子の目を見てもパステルを手に取らない。道子から感情がまったく読み取ることができなかった――。

殺したことは認める一方、動機を語ろうとしない道子。彼女は、感情を失くさなければ生きられないほど辛い経験をしてきた女性だった。朱梨は、感情の見えない道子と、両親を殺された15年前の事件をきっかけに感情を失ったままの紫織(松井玲奈)を重ねてしまう。
朱梨と風早は、道子の動機を探るために聞き込みをする。清掃員仲間たちは、道子と川瀬が仲良くしていたと語る。

朱梨と風早は、川瀬の妻・佐和子と会う。佐和子は、川瀬と道子が不倫関係にあったと主張。道子は佐和子に、川瀬が持っていたハンカチを送り付けていた。そのハンカチは、佐和子が川瀬に贈ったものだった。
再び、道子の取調べが行われる。朱梨が「あなたからは何の感情も見えない」と告げると、「私、感情を捨てたの」と答える道子。道子との対話で、朱梨は逆に追い詰められていく。

一方、風早は平安(船越英一郎)に、15年前の事件について問いただす。平安は、風早に特命を課したのは別の事件の真相を突き止めるためだったと明かす。その事件には、雲川(山中崇)が関わっているようで…。
道子が川瀬を殺したのは、不倫のもつれが原因なのか? さらに、道子と川瀬の関係に新事実が判明。道子による“殺意なき殺人”は意外な方向へと向かい――!?

https://www.ytv.co.jp/8octo/story/7.htmlより

朱梨が風早に事件当時の関係者の話をした橋

風早は平安が心野の事件に関わっていたことを知り、平安の元へ

千葉県木更津市 市役所通り大橋

 

15年前に消えた薬物

必要がなかったから、黙っていただけという平安でしたが、本当にそれだけなんでしょうか。

しかも、息子である風早に黙っているなんて。

 

調べてほしいのは15年前に消えた薬物を横流ししている人物

その人物は、雲川だという。

 

川瀬を殺害した道子

感情を読み取ろうとする朱梨でしたが、道子から感情は見えません。

感情は捨てたという道子の過去には壮絶なものがありました。

何の感情もなく人を殺すことができることはありえないという朱梨は真相を掴むことができるのか。

 

夫が亡くなったことで、全ての感情を失っていた道子

何かに期待したり、驚いたりすることもない。

公園で子どもが転んでも無表情でしたね。

道子が座っていた公園のベンチ

堰の上公園

〒292-0805 千葉県木更津市大和2丁目26

 

最後に感情が見えた道子

深い悲しみの色を出した道子

最後に生きた

生きるということは感情の中でもがくこと。

人生の最後に生きることができた。

心野がやっていることは間違ってないと伝える風早

 

 

まとめ

ドラマ オクトーの原作本はなく、ドラマだけの完全オリジナルストーリー

感情が示す意味は深いものがありますね。

雲川を一人で追った風早

次回、どうなるのでしょうか。

 

 

オクトー最終回までのロケ地情報 あらすじや見どころ感想のまとめ↓

ドラマ「オクトー 感情捜査官 心野朱梨」ロケ地 視聴率 ドラマネタバレまとめ

 

 

 

-オクトー, ドラマ

Copyright© ハルブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.