筋トレ

筋トレを続けるために大切なこととは?

継続することが一番大切。

筋トレは裏切りません。

継続することで、必ず、体に変化が出てきます。

もちろん、いい意味でね。

 

ここでは、どうすれば筋トレを継続できるのか、お話ししましょう、。

 

筋トレを継続するために大切なこと

それは、ズバリ、喜ぶこと。

ん?

喜ぶって?

 

そうです、筋トレをして、その結果、動ける体、いつまでも若々しい体を手に入れたくて始めたんですよね。

 

そう言う自分と、3ヶ月後に会えると思うと、すごくワクワクしませんか?

 

引き締まったお腹周り。

 

張りのある胸筋。

 

上腕二頭筋ももりもりしてきます。

 

どうです?

 

その姿を想像して、その姿になるための今日の1行動をする。

その時間はわずか30分。

 

この時間で、健康的な体を手に入れることができると思ば、筋トレが楽しくって仕方なくなりますよ。

さあ、続けていくためのモチベーションは保てそうですか?

どんどん筋肉をつけていくために重要なことは?

筋トレは強度でしたね。

 

過負荷をかけることで、筋肉が肥大化してきます。ただし、同じところでは、筋肉が修復する間がないので、まずは、週に2回頑張りましょう。

たった週に2回の筋トレなら、簡単に乗り越えられますね。

筋トレの前に、筋肉をほぐしましょう。

準備運動を怠ると怪我の元です。しっかりと伸ばしていきましょう。

ジャンプ

さあ、まずは、ジャンプです。高く飛ぶ必要はありません、全身の筋肉を緩めるように体の力を抜いて、低くジャンプしてください。10回

 

両肩回し

腕をまっすぐ上に伸ばして、下へぐるぐる回しましょう。前へ10回、後ろへ10回です。

 

両足の股関節を回しましょう

次は、壁に左手をついて、右足を一歩引いて前から右、後ろへぐるぐる回しましょう。円運動を意識して10回。今度は、後ろから前へハードルを越えるように、10回ぐるぐる回しましょう。

今度は逆側同じように10回ずつ回しましょう。

 

柔軟運動は、毎日やることで、少しずつ可動域が養われます。ストレッチはこちらを参考にしてください。

筋トレ前の簡単な柔軟体操は、必ずやっていきましょう。

続けていくことが大切ですよ。

 

 

さあ、筋トレ始めていきましょうか。

フロントブリッジ

このとき、時が止まったように動かないことが大切です。

20秒です。

サイドブリッジ

さあ、片側の肘をついて、サイドブリッジです。片側20秒。この時おしりを上にできるだけあげましょう。さあ、反対側も20秒です。

バックブリッジ

今度は、うつ伏せに大の字に寝てください。そのまま、顔と両手、両腕をできるだけあげてください。

20秒。

スクワット

今度はスクワットです。おしりを後ろに引いて、かかとに体重がかかるようにしましょう。膝を出さないように、太ももの後ろにきかせましょう。20回

バックランジ

片足を引いて、スクワットです。片足ずつ交互に20回。膝が90度になることを意識して繰り返してください。

 

腕立て伏せ

次は腕立て伏せです。しっかりと前を向いて、あご、胸を床に付けるまで曲げましょう。10回です。

レッグリフト

顎を引いて、足を上げ下げです。下げた時は、地面にかかとがつかないように気を付けましょう。10回です。

フライングドッグ

四つん這いになって、右手左足を上げましょう。目線は遠くです。20秒。反対側も20秒。

 

ラッコのポーズ

頭と手、足を上げて20秒。

 

ここまでが一セット。

さあ、3セット頑張りましょう。

汗がじわっと出てくると効いている証拠です。

3ヶ月後の素敵な自分を想像しながら、楽しんでいきましょう。

-筋トレ
-, ,

Copyright© 山のおやじ日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.