雑学 風水害

全国で猛威を振るう台風!自分は、被害に合わない!?保険には入ってますか?

投稿日:

台風、大雨、ゲリラ豪雨、最近異常気象で、日本全国各地で、多くの被害が出ていますよね。

先日の台風でも、ゴルフの打ちっ放し場のフェンスが、台風で倒壊し、住宅をめちゃくちゃに破壊してましたね。

家が先だったのか、ゴルフの打ちっ放し場が先だったのかも気になりますが、

被害があってから、工事がずさんだったと言ったところで、何も補償されないなんて、どういうことですかね。

 

いくら、風水害とだとしても、家を潰されてしまった方は、とんでもなく大損ですよね。

ましてや、住宅ローンなんかも残っていたらどうなるんだろう?

 

って思いますよね。

 

備えあれば憂いなしと言いますが、改めて、火災保険の風水害、地震特約など、見直してみませんか?

 

台風の被害は、自己責任

自然災害による被害は、全て自己責任のようですね。

国や、自治体による災害補償なんて、雀の涙ほど。

 

また、保証が降りる対象もすごく限られていて、十分なものではありません。

 

これでは、時の間に合いません。

 

今、住むところがなくなる。

 

自然災害ってそういうことなんですね。

昨日まで、普通に日常を過ごせていた我が家が、一瞬のうちに、全壊なんて、誰が想像します?

 

自宅を建てるなんて、人生においても大きな買い物です。

住宅ローンを組んで、35年かけて払うなんて方がほとんどではないでしょうか?

 

住宅ローン中には、火災保険に加入させられますよね。

万が一、火災などの被害で、ローンをかけている住宅が住めなくなってしまっても、保険適用により、もう一度建て直すことができたりするんですね。

 

意外と、この保険についても、最低限しか入っていなくて、全壊しても、もとどおりにならなかったりすることもあるらしいですね。

火災保険だけではダメ

火災保険という名の通り、火災になった場合に掛け金に応じた補償を受けれるものです。

 

しかし、この保険。

 

風水害、地震には対応していません。

 

一方、風水害、自身だけの保険もありません。

 

火災保険に入って、特約として、付加することで保証が受けられるというものなんですね。

 

なんじゃそれ!

 

保険を払っているときは、収支を計算し、負担のないようにしたいですね。

しかし、少額のものに入っているだけでは、いざという時に、本当に保証される金額が、少量になってしまい、せっかくの保険がおりても立ち直れない方も少なくありません。

 

そこで、住宅を建てる時には、月々のローン返済金にプラス、保険代も考慮に入れた上で、返済計画、購入計画を立てましょう。

 

まとめ

人生の中で、最大の買い物と言われる住宅購入。

 

一生、住みたいと思って購入するはずです。

 

きっちりと、返済できる金額、補償を受けるための保険代も合わせて、購入計画を立てましょう。

 

また、自分の働いている会社が倒産してしまったら、なんてことがあれば、一遍に返済できなくなっちゃいますね。

 

いざという時のために、蓄えもある程度欲しいですよね。

 

 

-雑学, 風水害
-, ,

Copyright© 山のおやじ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.