テクニック

パワーストーンを浄化しないとどうなるの?効力激減するって本当!?

投稿日:

パワーストーンはその名の通り、

「力を持つ石」のことです。

 

故にそれぞれの石が持つ意味があります。

 

 

この石の力を効率良く発揮するためには、

人間と同じように、石も癒してあげる必要があります。

 

この癒しをパワーストーンの場合は、

浄化という言葉を使って表現します。

 

 

パワーストーンを浄化しないと

パワーが弱まって、

ただの石ころになってしまいます。

 

それでは困りますよね。

 

 

なぜそうなるのか、

そして、それを防ぐため

実際に石を浄化するための方法をご紹介します。

 

 

祟りがある!?不幸を招く!?パワーストーンを浄化しないとどうなるか?

 

パワーストーンは浄化をしないと、

その石が持つ能力を引き出すことができません。

 

もしかしたら、石を浄化しないと、

祟られたり、不幸が訪れたりするのではないか?

と、心配していませんか?

 

 

安心して下さい!

パワーストーンを浄化しないからといって、

悪いことが起きはしません。

 

ただ、パワーストーンを身に付けていても、

その石のパワーが弱まってしまい、

あなたのお手伝いができないだけです。

 

 

パワーストーンは献身的に

あなたのサポートをしてくれるので、

定期的に浄化をしてあげるのは大切ですよ。

 

 

全8通り!誰でも出来る!?パワーストーンの浄化方法ご紹介!

 

パワーストーンが私たちの手元に届くまでには、

多くの人たちの手や気に触れています。

 

なので、あなたがパワーストーンを手にしたら、

まずは浄化をして下さい。

 

浄化の方法は、主に8種類あるのでご紹介しますね。

どれも簡単に始められる浄化の方法ですよ。^^

 

 

水晶

 

水晶は、最も一般的な浄化の手段です。

 

 

やり方は、

さざれ」かまたは「クラスター」の水晶の上に

パワーストーンを置くだけです。

 

そうすれば、

水晶が勝手にパワーストーンを浄化してくれます。

 

 

私は猫を飼っているので、

さざれの水晶を置いていると猫のおもちゃになってしまい、

パワーストーンの浄化が出来ないので、

クラスターの水晶を使っています。

 

 

流水

 

流水による浄化は、水晶を浄化する方法として有名です。

 

 

浄化の方法は、

一晩かけてパワーストーンに

水を流し続けるだけなので、

最も簡単に始められます。

 

 

私は水晶を入手する前は、

パワーストーンを流水で浄化していましたが、

少量とはいえ、一晩中、水を流し続けるので

水道代が増えてしまい止めました。

 

 

 

塩の上にパワーストーンを乗せ、

その後、水で洗い流す浄化方法です。

 

個人的には、今回ご紹介している浄化の中で、

この浄化の方法が1番、気に入っています。

 

 

話が少し逸れますが、

葬儀やお寺など、

霊やスピリチュアルに関する事柄に接触すると、

清めの塩」を用意されることがありますよね。

 

私は、パワーストーンはそれと似ていると思っていて、

塩を使うと石が清められている気がするし、

心なしか、その石が軽くなった感覚もあります。

 

 

塩で浄化する場合、

私は小皿に盛った天然塩の上に

パワーストーンを一晩置き、

翌朝、天然水で石を洗っています。

 

 

日光浴

 

朝日にパワーストーンを当て、

太陽のパワーを石にチャージする浄化方法です。

 

 

また、パワーストーンを塩水に潜らせてから

太陽の光に当てるのも良いですよ。

 

但し、塩水に弱い石

(オパール、ターコイズ、等)もあるので、

あなたの石が塩水に耐性があるのか確認して下さい。

 

 

月光浴

 

月光浴による浄化方法は、日光浴に似ており、

パワーストーンを月の光に当てて

月のパワーをチャージするというものです。

 

もちろん日光浴同様、

塩水との相性もよく、

海水ならよりクリアに浄化してくれますよ。

 

 

月にまつわる神話が数多く存在するように、

月が人間やパワーストーンにもたらす影響は

計り知れません。

 

 

観葉植物

 

植物による浄化方法は、

正直、パワーストーンを浄化するよりは、

植物を元気にするために使われることの方が多いです。

 

 

また、植物を植えている土に

浄化の力があるといわれていますが、

パワーストーンを浄化できるほど

澄んだ土を私は知りません。

 

実際、観葉植物を植えている土の上に

パワーストーンを置いても、

塩や水晶のような浄化の前後の違いが分かりません。

 

 

なので、パワーストーンが割れたり、
ヒビが入ったりした場合は、

植物のために、土の上に石を置いておくと良いですね。

 

 

お香

 

パワーストーンの浄化にお香を用いることがあります。

 

お香の中でも、

アロマやハーブティで馴染みのある

セージ」は多く使われ、

その焚いた煙にくぐらせることによって石を浄化します。

 

 

ただ、パワーストーンを煙にくぐらせると石が曇ります。

ですが、石をクロスで拭けば元に戻るので、

問題はありません。

 

 

私は猫を飼っているのでお香は使えませんが、

パワーストーン専門店では

取り扱っている店舗も多いんですよ。

 

 

いつも清潔にしておく

 

パワーストーンに限らず、

身辺をいつもキレイにしておくのは大切なことです。

 

どんなに優れたパワーストーンでも、

ほこりを被っていたら、

その効果は発揮されませんし、

その部屋も不潔になってしまいます。

 

 

以前、自宅の近所に

パワーストーンを取り扱っている店舗があったのですが、

ショーウィンドウに入った水晶に

いつもほこりが被っていました。

 

それが原因ではないにしろ、

次にその店を訪れた時には、

別のテナントが入っていました。

 

 

折角、パワーストーンを持っていても、

清潔にしていないと効果は得られませんよ。

 

 

パワーストーンの浄化は、

どれか1つの方法をするのではなく、

その日の天気や気温・湿度、あなたの気分など、

色んな状態や事柄を考慮して浄化すると楽しめますよ。

 

 

まとめ

 

パワーストーンは私たちのために

その力を惜しみなく発揮してくれます。

 

なので、感謝の気持ちを忘れずに、

浄化してあげて下さい。

 

 

もし、パワースポットへ行くことがあるなら、

パワーストーンを持っていくのも良いですよ。

あなたと一緒に石も癒してあげて下さい。

 

 

また、ブレスレット等、

身に付けられるパワーストーンであれば、

神社の境内に流れる御神水に浸して

浄化するのもオススメです。

 

 

御神水でパワーストーンを本格的に浄化するなら、

数時間、御神水に浸けておきたいところですが、

 

長時間、同じ場所を陣取ることは

他の参拝者への迷惑になるので、

石を濯ぐ程度に留めておくのがエチケットです。

 

 

あなたとパワーストーンが

良い関係を築くためのお手伝いができたら幸いです。

 

-テクニック

Copyright© 山のおやじ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.