テクニック

マンションでペット可の時どんな鳥でも飼えるの?知らないとヤバイ!

投稿日:

賃貸・購入を問わず、

マンションに住むことって多いですよね。

 

私もマンション暮らしです。

 

管理会社さんがメンテナンスをしてくれるので

便利なのですが、制約が多いのが難点。

 

特に、賃貸マンションなら尚更です。

 

 

よくある制約のひとつが

「ペット禁止」

 

ほとんどのマンションは

ペット禁止と書いてありますよね。

 

 

犬や猫はダメでも、鳥なら・・・

 

そう思ったことはありませんか?

 

 

残念ですが

「ペット不可」と書かれたマンションでは

鳥を含めペットは飼えません

 

また、ペット可のマンションであっても、

飼育に向く鳥とそうでない鳥がいます。

 

  • どうして「ペット不可」だと鳥まで禁止されるのか?
  • どんな鳥ならマンションでも飼えるか?

 

私の経験を踏まえてご紹介します!

 

 

なぜ?マンションでペット禁止な物件があるホントの理由!鳥もダメっ!

 

管理会社さんが「ペット飼育不可」と示す理由は、

 

  • 退去後のクリーニングのコスト
  • におい、鳴き声などでの近隣トラブル
  • キズなど物件へのダメージ

 

などを考慮したものです。

 

 

基本的に住人が退去したあと、

その部屋には専門業者が入って

クリーニングが行われます。

 

その際、ペットを飼育していると、

通常の生活ではつかない汚れや傷がついてしまい、

クリーニングのコストが高くなってしまう、

というわけです。

 

 

また、隣室や同じフロアに動物が苦手な人が住んでいる場合、

においや鳴き声でトラブルになりかねません。

 

さらに、猫の爪とぎをイメージするとわかりやすいのですが、

クリーニングでは対応できないキズがついた場合、

修理したり、物件の価格を下げなければならなくなったりします。

 

 

鳥を飼育した場合、

犬や猫ほどではないにしても、

少なからず部屋にダメージがあります。

 

小鳥がケージの中で飛ぶたびに

羽毛やチリが散らかり、窓のサッシの隙間など

掃除しにくいところに溜まっていきます。

 

フクロウなど猛禽類の場合、

小鳥以上に部屋を汚してしまうことが考えられます。

 

部屋の中でフリーフライトなどさせれば、

床や壁にキズがついてしまうかもしれません。

 

 

もし、「ペット飼育不可」と

明記されているにも関わらず、

こっそりペットを飼育していることがばれてしまった場合、

何も言い訳はできません。

 

契約に背いたことになりますから、

最悪の場合、退去させられてしまうこともあります。

 

 

「ペット可」と明記されている物件なら、

こういった心配はしなくてすみます。

 

ペットを飼うことが決まっているなら、

最初からペット可の物件に住みましょう。

 

住み始めてからペットが欲しくなった場合、

引っ越しを考えるしかありません。

 

 

マンションでもペット可なら飼育できる鳥が存在した!どんな鳥ならOK?

 

「ペット可」とうたっているマンションなら、

どんな鳥を飼ってもルール上は問題ない

ということになります。

 

それでは、具体的には

どんな鳥なら飼えるのでしょうか?

 

 

まず問題なく飼育できるのは、

セキセイインコやボタンインコなどの小鳥です。

 

大きなケージでなくても飼えるので、

スペースに余裕のないマンションでも

飼うことができます。

 

ときどきケージから出して、

部屋の中で遊ばせてあげれば、

狭さによるストレスもなくしてあげられますね。

 

 

最近では、

フクロウやワシ、タカなど

猛禽類もペットとして人気ですが、

飼育に必要なスペースに注意しましょう。

 

どうしても小鳥よりも体が大きいため、

その分大きなスペースが必要になります。

 

特に鳥かごなどケージに入れず、

ファルコンブロックに繋いで飼う場合、

周りにぶつかるものが何もない場所を

用意する必要があります。

 

 

コキンメフクロウやハリスホークなどの小型種なら、

マンションでも飼育できるでしょうね。

 

猛禽の飼育を検討したら、

一度ペットショップで相談してみましょう。

 

 

一方

「ハトやカラスは飼えますか?」

と聞かれることがありますが、

マンションに限らず野鳥は飼ってはいけません。

 

野生の哺乳類や鳥類の飼育は、

鳥獣保護法という法律で禁止されています。

 

もちろん、違反すれば罰せられます。

 

野鳥の飼育は控えましょう。

 

 

傷ついた野鳥を一時的に保護する場合は、

特例として認められるので、

あなたの住んでいる自治体に問い合わせてみてください。

 

ちなみに私は、

けがをしたハシボソガラスを

保護していたことがあります。

 

獣医さんにアドバイスをもらいながら、

特別なエサを毎日3食調合して与えなければならず、

しかも毎週のように

獣医さんに診せなければいけませんでした。

 

野鳥の一時保護は申請すれば許可が出ますが、

自分に野鳥の飼育ができるかどうか、

よく考えておく必要があります。

 

 

まとめ

 

繰り返しになりますが、

ペット不可のマンションでは、

鳥を飼うことはできません。

 

こっそり飼っているのがバレると

トラブルになりますから、

最初からペット可のマンションに住みましょう。

 

 

マンションで鳥を飼う場合、

自分が飼いたい鳥が

マンションでも飼える鳥かどうか、

調べておく必要があります。

 

飼っているあなたも、飼われている鳥も、

お互いに気持ちよく過ごせるよう準備してあげてくださいね。

 

-テクニック

Copyright© 山のおやじ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.