マフラー 編み物

超簡単!! 編み物入門 マフラーの作り方を動画で解説!

更新日:

編み物を始めようと思っているけど、難しそう…。こんなふうに思っている方に、編み物をご紹介します!

全くやったことない!と思った方は、安心してください。

超簡単にできますので、まずは一番簡単な棒針編みのマフラーから始めていきましょう。

初心者向けの説明なので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

超簡単!編み物に用意するものはこちら

当たり前ですけど、これだけです(笑)

・棒針編み

・毛糸(色はお好みで)

 

初心者であれば、この2つがあればマフラーを編めます。

今回は、この棒針編みと毛糸で編んでいきます。

 

毛糸は100均に売っている毛糸を愛用しています。

手芸屋さんにもいい毛糸は売っていますが、300円とかするので、まずは気軽に始められる100均の毛糸をお勧めします!

 

全く編み物をしたことがない!という方は、最初は失敗が多いため、失敗しても目立たないような太い毛糸、もしくはモコモコした毛糸など、ちょっとモールっぽい毛糸を選ぶといいですよ。

仕上がりもシンプルというよりは暖かくてかわいい感じになります!

 

また、100均(ダイソーを除く)には、「ベビーちゃん」という毛糸があります。

妊娠を機に、赤ちゃんのために編み物を始めるお母さんは多いので、捕捉させてください。

ベビーちゃんは赤ちゃんにはとてもおすすめの毛糸です。

ぜひ、赤ちゃんに帽子などを編んであげたい!という方は使ってみてください。

肌に優しく、パステル色なのでとても可愛い作品が作れますよ。

色の種類も豊富です。セリアという100均は、毛糸の倉庫といわれているのでお勧めです。

 

 

材料がそろったら編んでみよう!

 

編み物初心者でも動画を見れば、わかりやすい!

まずは作り目からです。

こちらは画像だとわかりにくいので、動画をつくりました。ぜひ参考にしてください。

 

本来2本で行うものですが、私は1本でやります。(動画は1本)

2本で作り目を作り終えた後の写真です。

この画像は15目で作っていますが、マフラーにしては細目になります。

並太の毛糸で編む場合の作り目は、大体20~25目がちょうどいいです。

太めのマフラーを編みたい方は、作り目を増やしていくと太いマフラーになります。

 

しかし、太い毛糸の場合は12~15目がちょうどいいかもしれません。

毛糸についているパッケージに「マフラーは何目」と大体記載されているので、そちらを参考にしてください。

 

ちなみに、作り目を作り終わったその太さがマフラーの太さになると考えるとわかりやすいですよ!

 

2本で作り目を作り終わったら、1本は抜きます。

1本にして作り目完成です!

 

 

編み方は3種類!?

ガター編み

棒針編みの基本的な編み方として、裏編みと表編みを交互にしていく「ガーター編み」という編み方と、裏編みだけをひたすら編んでいく編み方があります。

 

初めての方は、裏編みをひたすら編んでいくという編み方をおすすめします。

なぜかというと、編み方ばかりに気を取られて、表を編んでいたのか、裏を編んでいたのかわからなくなってしまうということがおきるからです。

私が初めて編み物をしたときも裏編みだけ編んでいく方法で編んだので、断然こっちがおすすめ。

少しだけ経験ある!という方は、ぜひガーター編みにチャレンジしてみてください。

 

 

ここからは編み方の説明になりますが、こちらも説明が難しいので動画をご覧ください!

 

表編み

 

  • まず、外側(右側)から針をいれます。
  • 垂直にしたら、糸をかけます。
  • 針を入れたほう(右手の針)を上に持ち上げます。

注意)このとき、左手は動かないように固定します。

  • 右手の針を、左手の針の後ろ側にやって抜きます。
  • 1目完成!

 

この要領で繰り返していって、すべての目が終わったら左右逆に持ち替えます。

編みはじめ、必ず左手に毛糸がある針を持ち、右手は何もついてない針を持つようにします。

 

ガーターで編んでいる方は、この後裏編みを行います。

裏編み

  • まず内側(左側)から針を入れます。
  • 垂直にしたら糸をかけます。
  • 針を入れられたほう(右手)を持ち上げます。
  • 左手の針を右手の針の後ろ側に持っていきます。
  • 1目完成!

 

これを繰り返していって、また左右持ち替えて編んでいきます。

 

表編みも裏編みも目を落としたり、逆に変なところからかけてきて目を増やしたりすることがあります。

この場合は、一段解いて編み直しましょう。

そのまま編み続けると、まっすぐではなくガタガタなマフラーに仕上がってしまいます。

 

マフラーが完成!

ガーター編みを繰り返していくと、こんな感じになります。

長く編めばマフラーになります。

 

 

 

娘に編んだので、別の太い毛糸でかわいらしく編みました。

 

作ってみた感想は♪

私は娘にマフラーを編みました。

幼いころに初めてマフラーを作った時、出来上がりを見てがっかり(笑)

想像していたまっすぐでかわいいマフラーではなく、ガッタガタのマフラーが完成したのです。

しかし、練習すればするほどうまくなっていきました。

昨年に何年振りかに編み物を始めると、全く振り出し(笑)

どうしても産まれてくる娘にベビーシューズや帽子を編んであげたくて編み物をマスターしました。

ここにくるまでには時間はかかりましたが、娘が子のマフラーを気に入ってくれてよかったです!

 

また、編み物は慣れるまでとても時間がかかりやすく、挫折しやすいものだと考えています。

私は今回とても久しぶりに編み物をしたので、思い出すのに時間がかかりました(笑)

現在妊娠中でつわりと闘いながらの編み物。

産まれてくる子どもにも私が編んだものを身に着けてもらいたいのでまた頑張ろうと思います(^▽^)

 

棒編みマフラー作り方のまとめ

マフラーはまっすぐに編んでいくので初めて作る作品に最適です。

はじめはうまくいかなくても、必ず編んでいくうちに慣れるので根気よくいきましょう!

マフラーをマスターしたら、違う編み物にもチャレンジしてみてくださいね!

-マフラー, 編み物
-, , ,

Copyright© 山のおやじ日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.