子育て 工作 紙コップ

紙コップ工作 ロケットの作り方 簡単アレンジも【写真で手順を公開】

こんにちは、この記事では紙コップロケットの作り方をご紹介します。

子どもたちは動きのあるおもちゃが大好きですよね。おうちにある材料で、手軽に動くおもちゃを作ってみましょう。

 

お子さまと一緒に楽しく作れるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

紙コップ工作 ロケットの作り方 簡単アレンジも【写真で手順を公開】

準備をしよう!

用意するもの

材料

・紙コップ 2つ

(紙コップの1つは発射台になります)

・輪ゴム 2本

道具

・はさみ

・画用紙、折り紙など

・のり、セロハンテープなど

・ペン、クレヨンなど

 

はさみ以外の道具は紙コップの飾り付けに使いますので、必要に応じて用意してください。

はじめからプリントされている紙コップを使っても手軽で可愛いものができますよ。

 

紙コップロケットの作り方

1、2本の輪ゴムをむすびます

輪ゴムを2つ重ねておきます

画像では分かりやすく2色の輪ゴムを使用しています。

 

 

 

2、重なっている部分どちらかの輪ゴムをくぐらせて

 

3、ひっぱって繋ぎます

4、紙コップに切り込みをいれます

紙コップの口のほうに、4等分になるようにペンで印をつけます。

 

5、印にそって5mmほど切り込みをいれます

 

6、紙コップの切り込みに、むすんだ輪ゴムを十字になるようにひっかけます

 

7、輪ゴムをひっかけた紙コップを飾り付けします

画用紙にロケットの絵を描いて切り抜きます

 

8、輪ゴムをつけた紙コップに切り抜いたロケットをはりつけて完成!!

 

 

 

完成!さっそく遊んでみましょう

 

発射台の紙コップを平らなところに置き、輪ゴムをつけた紙コップをぐーっと押し付けます

 

輪ゴムがじゅうぶんに伸びているのを感じたら、手をぱっとはなすとロケットが飛んでいきます

紙コップロケットから素早く手をはなさないとうまく飛びませんので、気をつけてください。

 

 

かんたんですが、意外と高く飛びます!

 

 

アイディア色々♪

 

ロケットの他にもアレンジ次第でおもしろい紙コップロケットがたくさん作れますよ。

紙コップに直接絵を描くのもよし、画用紙や折り紙を使って立体的に作るもよし。

 

たとえば…

 

動物ロケット

うさぎやカエル、ライオンなど、かわいい動物たちも作れます

 

 

海の生き物たちだって

タコやクラゲは足を長くすると本物のように

 

 

イベントでも大活躍

クリスマスツリーロケット・雪だるまロケット・ハロウィンロケット

 

他にも、お子さまが好きなキャラクターのシールやマスキングテープを使っても気軽に作れますね。

 

2つかさねて飛ばしたり、どちらが遠くまで飛ばせるか競争したり、デザインや遊び方は無限大です。

 

子どもたちは、大人が思い付かないようなアイディアや遊び方を思い付く天才ですね。

 

紙コップロケットの作り方まとめ

 

今回はかんたんに作れる紙コップロケットの作り方をご紹介しました。

材料も工程も少なく、お子さんと一緒でも最後まであきずに完成させることができると思います。

また、飾り付けで季節感を出したりクリスマスやハロウィンなどのイベントカラーにすることもでき、アイディア次第でどんどんおもしろいものが出来上がるのも楽しみのひとつですね。

 

次はどんなデザインにしようかな?何を飛ばしたらおもしろいかな?

 

マンネリしがちなおうち時間に、親子のコミュニケーションとしても♪

世界でたったひとつの素敵な作品を作ってみてくださいね!

-子育て, 工作, 紙コップ
-, ,

Copyright© 山のおやじ日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.