テクニック

ぶなしめじは水で洗うと美味しさ半減ってホント?徹底解説!

投稿日:

近年地震や台風など自然災害が多く、

農業が盛んな地域が被害に合うと

一気に野菜が高騰します。

 

毎日料理をする主婦にとって

食材の高値は家計に大打撃です。

 

野菜を買いたくても値段が上がると

なかなか手が出しにくくなりますが

 

そんな中でも比較的いつも価格が安定していて

なおかつ安価なキノコ類。

 

野菜が高騰する中でも

手に取りやすい食材の一つです。

 

 

中でも味噌汁や炒め物、副菜などに

あると便利なぶなしめじ。

 

使う前に洗うか?そのまま使うか?

迷った経験はありませんか。

 

 

ずばりぶなしめじはそのまま使う人が

半数以上を占めています。

 

ではぶなしめじを洗うとどうなるのか?

洗わずに使う方が良いのか?

 

簡単に言うと、

洗わない方がいいです。

 

 

その理由は、

 

  • 洗うと水溶性の成分が流れてしまい、美味しさ半減
  • 濡れたまま置いておくと劣化してしまう
  • 綺麗な状態で栽培されているため洗う必要が無い
  • 生で食べることはまず無いので特に洗わなくても問題は無い

 

です。

 

 

詳しくみていきましょう。

 

 

旨味が流出!?濡れて劣化!?ぶなしめじは極力洗うな!

 

ぶなしめじをはじめ、キノコ類の成分は

水溶性で出来ています。

 

ですから使う前に洗ってしまうと

キノコに含まれる成分が水に流れてしまうのです。

 

せっかく調理して頂くのに

旨味の成分が流れ出てしまっては

もったいないですね。

 

洗うか洗わないかのひと手間で

ぶなしめじがより美味しく食べられるのであれば

使う前には洗わずに調理しましょう。

 

 

ぶなしめじを洗うと水溶性の成分が

流れてしまうとお話しましたが、

 

それによってせっかくのぶなしめじの旨味が

半減してしまう理由がもうひとつあります。

 

ぶなしめじを洗って濡れたままにしておくと

劣化してしまいます。

 

 

仕事をしていたり子育て中の主婦は

仕事に行く前や空いている時間に

下ごしらえをする事が多いですよね。

 

現在私も小さい子供がいるので

夕飯前に一気に料理をする時間が無いので

 

空いている時間を見つけては

下ごしらえをしています。

 

昼間に下ごしらえをする時にぶなしめじを洗い、

夕飯前に調理するまでそのまま数時間置いておくと

その間にぶなしめじが劣化しているわけです。

 

 

下ごしらえをする際も、

是非ぶなしめじは洗わずに準備しましょう。

 

但し、オガクズが付いていたり

よっぽど目に付く汚れがある場合には

洗っても構いません。

 

その場合には調理する前に水でさっと洗うか、

キッチンペーパーなどで汚れを拭き取るぐらいにしましょう。

 

そうすることで成分も流れ出ることなく

美味しくぶなしめじを食べることが出来ます。

 

 

なるほど!ぶなしめじは洗う必要がそもそも無い!?その理由とは?

 

一般的に野菜などは屋外で栽培されるため、

害虫から守るために農薬が使われます。

 

しかしぶなしめじをはじめとするキノコ類は

屋内で栽培されています。

 

室内の綺麗な環境で栽培されていて、

なおかつ害虫などの心配も無いので

農薬を使わずに栽培することが出来ます。

 

それから野菜を育てる上で土にあたる培地の原料も

口に入っても大丈夫なものが

使われていることがほとんどです。

 

 

屋外で育てられた野菜には農薬が付いていたり、

土が付いているものがあったりするので

洗うことが一般的です。

 

ですがキノコ類は綺麗な状態で栽培されているので

調理前に特に洗う必要がないのです。

 

 

そしてその他の理由としては、

ぶなしめじは生で食べることはまずありません。

 

絶対に加熱処理をしてから食べるので

洗わなくても大丈夫だということが

理由としてあげられます。

 

 

加熱処理にちなんだ事を言うと、

ぶなしめじは加熱した時に

意外と水分が出てきます。

 

水で洗ってから調理をすると

さらに水っぽくなってしまい、

 

これも美味しさ半減という意味でも

特に洗う必要は無いのです。

 

 

ちなみにぶなしめじを洗わずに冷蔵保存した場合

5日~一週間程度は日持ちしますが

 

一度洗った物を再び冷蔵保存した場合は

3日程度しか日持ちしません。

 

もし洗ったぶなしめじを一度に使い切れなかった場合は

あまり日持ちしないので

早めに使い切ってしまいましょう。

 

 

私も以前はぶなしめじを使う時には

水でしっかり洗ってから調理していました。

 

洗っていた時はそれが普通だと思っていたので

味については特に気にすることなく食べていました。

 

しかし最近になり洗わなくても大丈夫だと知り

そのまま調理してみました。

 

すると味噌汁などにぶなしめじを入れた時に

キノコの香りがしっかり残っているなと感じました。

 

なので最近はスーパーで買ったぶなしめじは

洗わずにそのまま調理するようになりました。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ぶなしめじは洗った方が良いのか、

そのまま調理した方が良いのか。

 

 

もう一度まとめると

 

  • 洗うと水溶性の成分が流れてしまい、美味しさ半減
  • 濡れたまま置いておくと劣化してしまう
  • 綺麗な状態で栽培されているため洗う必要が無い
  • 生で食べることはまず無いので特に洗わなくても問題は無い

 

上記の点から

ぶなしめじは洗わずに調理した方が

良いということが分かりました。

 

ですが洗ってはいけないという事ではないので

汚れが気になる場合は

水でさっと洗い流してから調理しましょう。

 

 

栄養満点でとても身体に良いキノコ。

カロリーも低くダイエットにも良いので

積極的に摂りたい食材です。

 

せっかく食べるのであれば栄養を損なうことなく、

なおかつ美味しく食べたいですね。

 

これからは洗わずに調理して

より一層美味しくぶなしめじを

食べてみてはいかがですか?

 

-テクニック

Copyright© 山のおやじ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.