資産運用 雑学

95歳まで生きるには、2000万円必要!?

投稿日:

老後の資産っていくらあれば、何不自由なく暮らせるのでしょう?

普通のサラリーマンの退職金だけで、いったいどのくらいの生活水準を保てるのでしょう?

 

先日の麻生さんが国会答弁していた、老後資金2000万円必要なのかについても、きっちりと試算して見たいですね。

 

年金ではいくらもらえるの?

 

厚生労働省の試算によると、平成31年度の老齢年金を含む厚生年金は22万程度とされています。

 

多いか少ないか。その時の家族構成や、生活スタイルで随分変わると思いますが、今現在、あなたはいくら使っているのか?

そんなことを意識しながら、老後の生活スタイルを思い描くといいかもしれませんね。

 

若い時に買った住宅のローンが支払い終わり、子どもたちの学費も独り立ちしたため、かからない。

全く、夫婦二人だけの生活だと仮定して見ましょう。

 

世帯主の年齢階級別家計収支(二人以上の世帯のうち高齢無職世帯)-2017年ー総務省統計によると、

60~64歳 290,034円

65~69歳 264,661円

70~74歳 243,416円

75歳以上215,151円

平均25万程度が必要ということになってます。

足りない金額って一体いくら?

 

単純に月3万くらい足らないことになりますね。

あくまで、平均的な生活ということですから、ここから、遊興費やら、なにやら、一体いくらくらいあれば、ゆったりとした生活ができるのでしょうね。

 

月に年金プラス3万円あれば、とりあえずは、平均的な生活ができるということですから、

60歳から、95歳まで生きるとして、35年

年金の支給は65歳からなので、5年間は年金がありません。

月25万円が必要だとして、5年間で1500万円

65歳からの年金プラス三万円が必要として、

3万円✖️12ヶ月✖️35年=1,080万円!!

合わせて、2580万円!!

 

じゃあ、麻生さんの言ってた2000万円もあながち間違いではないのかもしれませんね。

 

まとめ

ただ、データ上の数値なので、生活スタイルや、年金の受給金額にもそれぞれ、違いがありますし、一概には言えませんが、

年金だけで老後は安泰!!

 

というわけではなさそうですね。

 

 

充実したセカンドライフを送るためには、今のうちから、資産運用や貯蓄もきっちりとやっておくに越したことはありません。

 

それに気づかない人が多い中、気づいたということは、準備ができるということですね。

 

 

-資産運用, 雑学

Copyright© 山のおやじ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.