オクトー ドラマ

オクトー感情捜査官の評価まとめ 第2話は不倫殺人の喜びの感情

読者
オクトー第2話面白かったあ

 

7月14日、ドラマ オクトー第2話が放送されました。

オクトー感情捜査官第の評価、見どころ感想をまとめています。

 

本記事のテーマ

 

オクトー感情捜査官の評価まとめ 第2話は不倫殺人の喜びの感情

オクトーの評価

感情捜査官という特殊能力を駆使した犯罪捜査が見どころ

犯人の感情の変化を絶妙に捉えているのは面白い。

演技力があってこそのドラマ

深夜枠なのに見入ってしまいます。

 

✅ネットでの評価も良いようですね。

つまらないという意見もあるようですが、好印象な意見が多いです。

面白くないという意見

 

 

面白いという意見

 

 

相対的にみて、面白いドラマだと感じています。

飯豊まりえさんの演技も見応えありますよね。

引き続き、次回以降も楽しみです。

オクトー第2話あらすじ見どころ感想

朱梨(飯豊まりえ)と風早(浅香航大)は、小説家・千弦(橋本マナミ)の事情聴取を行う。千弦の夫・拓人(吉岡睦雄)と、同じマンションに住む女性・美琴(浦郷絵梨佳)が遺体で発見された。事件現場となった美琴の部屋は、千弦と拓人の部屋の上階だった。美琴は刃物で数ヵ所刺されて死亡。拓人は刃物が腹に刺さったまま死んでいた。拓人のスマホには「人を殺した。生きていられないので自分も死ぬ」という遺書とみられる文章が残っていた。拓人の部屋のベランダからは、美琴の部屋に向けてハシゴがかかっていた。拓人がハシゴを使って美琴の部屋に侵入し、美琴を殺害。その後、自ら腹を刺して自殺したと思われた。ただ、拓人と美琴が連絡を取っていた証拠は見つからず、拓人が美琴を殺す動機が不明だった。

千弦は、夫が殺人を犯すとは信じられないと証言し、悲しみに暮れていた。朱梨は千弦の話を聞きながら黄色のパステルを手に取り、スケッチブックに線を描いていく。
朱梨は風早に、黄色は喜びの色だと告げる。夫が他の女性を殺して一緒に死んだのに、なぜ千弦は喜んでいるのか? 朱梨の言うことが信じられない風早。そんな風早に、雲川(山中崇)は、朱梨にしかできない捜査があるのだと諭す。風早は雲川から、朱梨が中学生の時に両親を殺された過去を知らされる。
そんな中、拓人が美琴にプレゼントを贈っていたことが判明。拓人と美琴は不倫関係にあったようだった。千弦にそのことを伝えると、彼女は夫の不倫を知らなかったと答える。千弦を観察していた朱梨は、また黄色の線を描く。風早が千弦に彼女の仕事について尋ねた時、千弦が発する色の変化を感じた朱梨は、黄色と赤のパステルで線を描いていく。
赤は、怒りの感情の表れ。喜びの色に怒りの色が混ざると、また別の感情が生まれる。朱梨は千弦から、ある感情を読み取り、事件の真相に迫っていく。不倫の末に起こった無理心中と思われた事件は、意外な方向へと向かい――!?

https://www.ytv.co.jp/8octo/story/2.htmlより

取調べを受けていた千弦(橋本マナミ)

小説家だという千弦の感情は喜び

夫が上の階の女性とともに殺されていた。

 

取調べを行う朱梨(飯豊まりえ)は千弦の感情が理解できず苦しんでいました。

 

1話から犯人が取調べをされているというスタイル

犯人は誰なのかと見るより、心理状態、感情がどう変化していくのかというところは、実際に感情が見えているようで面白いですね。

 

今回は、お姉さんの感情が塞がれていた真相もすこし明らかになりました。

 

壮絶な事件を経験したら、人間って変わるもんなんですね。

最終回にはお姉さんが元気に復活する姿を描いて欲しいものです。

 

 

まとめ

ドラマ オクトーの原作本はなく、ドラマだけの完全オリジナルストーリー

次回の3話も楽しみですね。

ドラマ「オクトー 感情捜査官 心野朱梨」最終回までのあらすじ見どころ感想 ロケ地 出演者一覧や視聴率 まとめ

-オクトー, ドラマ

Copyright© ハルブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.