貯金 資産運用

貯金方法のおすすめ!1000万円を5年で貯めた方法を紹介!

更新日:

社会人になって数年間、大して無駄遣いをした覚えもないのにお金が貯まらない。

このままでは結婚もできないし、2000万円必要だと言われている老後も心配・・・。そんな不安を持つ若手社会人は多いようです。

ここではお金が貯まらない若手社会人のために、無理のない貯金方法をご紹介しましょう。

私の場合は、貯金とやりくりで、5年で1000万円を貯めることができました。

中には、もっとすごい方もいらっしゃいますが、無理なく、貯めていくには、貯金の体質がとても大切です。

では、紹介していきましょう。

貯金方法のおすすめナンバー1

 

貯金、つまり、お金を貯めること。

では、どうやれば貯まるのか。

何のために貯めるのか。

いつまでに、いくら必要なのか。

その点をしっかり落とし込んでから、貯めていくことが大事ですよ。

そして、使ってはいけない貯金、使ってもいい貯金を分けておきましょう。

こうすることで、自分へのご褒美ができ、さらに、貯金のモチベーションも上がりますよ。

 

貯金を増やしていくためには気力や体力より、何よりもまず、コツコツと長く続けていく持続力が大切です。

まずは、少額でいいので少しずつ確実に貯金する習慣を身に付けていきましょう。

五百円玉貯金から始めてみましょう

貯金する習慣として超初級者にオススメなのは500円玉貯金。準備するものはひとつだけ、ルールは至ってシンプルです。

 

準備するもの

・物理的に破壊しない限りお金が取り出せない貯金箱。100均のもので可。

 

ルール

・毎日家に帰ってきた時に財布に500円玉があれば強制的に貯金箱に入れる

 

以上です。

子供騙しと馬鹿にすること無かれ、例えば月に15日、500円玉を貯金したとすると一ヶ月で7,500円、年間で90,000円、さらにこれを30年間続ければ270万円もの大金になるのです。

 

実際には、もっと溜まりますよ。

意外と、財布の中って小銭がたくさん出ますからね。

 

僕の場合は、小銭全て、貯金箱作戦です。

今は、電子マネーが主流となっていますが、これが結構落とし穴です。

いくら使ったのか管理するのがとても大変なんです。

 

使った感覚がないから。

カード払いも同じです。

 

引き落としが来てうわーってなることありませんか?

 

カード払いは必要最小限、もともと予定されているものは、給料から避けておきましょう。

 

毎日の現金払いから、お金に対する感覚を鍛えていくことが大事です。

小銭も余すことなく使うようになります。

 

そして、貯金の習慣もつきますから、一石二鳥どころか、三鳥、四鳥くらい大切なことですよ。

 

これも、五百円玉貯金に慣れてきたら、やってみるといいと思います。

 

まずは、五百円玉貯金を経験し、

お金が貯まる感覚を覚えてください。

 

500円玉貯金は少額でも、習慣によって長い時間を味方につければ貯金ができることを気づかせてくれるとてもよい貯金方法です。

さあ今日からでも貯金箱を準備して貯金の習慣化を始めてみましょう。

貯金の仕組みを作ろう

さらにもう一歩踏み込んで貯金をしたい、という人はほったらかしでお金が貯まる仕組みを作りましょう。

一番のオススメは給与天引きの仕組みです。給与天引きとは、毎月の給与から自動で貯金分のお金をどこか別の口座に貯めておく仕組みのことです。

自動的に他の口座に貯めておくことで、「貯金している」感覚もなく一人でにお金が貯まっていきます。

お金があればあるだけつい使ってしまう、という人には特におすすめな方法と言えるでしょう。

 

会社によっては「財形貯蓄」などの仕組みを持っていたり、銀行によっては「自動積立定期預金」などの仕組みをもっていたりします。

お勤めの会社や給与振込の銀行に申し込むことで仕組みを利用することができるので、担当窓口に問い合わせてみましょう。

最初に仕組みを作るのは面倒ですが、一度、加入してしまえばあとは自動でお金が貯まっていきますので、是非最初の一歩を踏み出してみてください。

 

ここで注意です。

たまったお金は、使えてしまうということなんです。

欲しいものが出てきますよね。

 

やはり。

 

人間には、物欲がありますから。

 

いいんですよ、使っても、でも、きちんと将来設計をしてから、考えましょうね。

結婚、出産、育児、教育、介護、・・・

 

人生にはとてもお金がかかるようになっています。

新社会人になった今、自分のことだけしかみていないと、お金たくさんもらえて将来はウハウハだな〜

なんて思っている方も多いと思いますが、老後二千万円問題にもあるように、

日本では、老後の保証がないといってもいいほどスッカスカの制度になっています。

 

だから、若いうちに、しっかり蓄えておく力をつけておく必要があります。

 

車やブランド品、お金が貯まると欲しくなると思います。

 

でも、将来設計をきちんとすると、車やブランド品に使ってもいい金額が見えてきます。

使ってもいい貯金、絶対に使ってはいけない貯金

 

これをきちんと区別すること。

 

これができていたからこそ、僕は、貯金をすることができたのです。

 

5年で1000万円を貯めたのも、財形貯蓄をフル活用しましたよ。 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

貯金に大切なのは長い時間を味方につけることで、そのためには習慣化と仕組みづくりが重要です。

無貯金時代にさよならを告げて、今日からでも、少しずつ貯金生活を初めて行きましょう。

 

最後に、貯めたお金を投資することも、増やすには必要なことですが、身の程を知らないで手を出してしまうと取り返しがつかないことになります。

 

お小遣いの範囲を超える投資は、やめておきましょう。

 

 

 

最近のコメント

-貯金, 資産運用
-, ,

Copyright© 山のおやじ日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.