筋トレ

ブロッコリーの栄養価って、すごく高い!筋肉にもすごくいい!

更新日:

筋トレ続けてますか?

習慣化されてきた方は、

かなり、バッキバキになってきたんじゃないかなって、思います。

 

筋トレに大事なこと。

なんどもお伝えしていますが、運動→栄養→休養のサイクルがとっても大事なんです。

運動ばっかりしていても、栄養がなければ、筋肉の補修がされないんですね。

 

そこの栄養について、少しお話ししましょうか。

 

筋トレに一番大事なのは、食事!ブロッコリーを活用しましょう!

筋トレも当然大事なんですが、せっかくの筋トレを最大限に生かすためには、徹底した食事管理です。

 

運動しない日のタンパク質は体重×1〜1.5g

運動した日のタンパク質は体重×1.5g〜2g

水分は、体重×40cc

 

タンパク質を過剰に摂取しすぎると腎臓への負担がかかり、腸内環境も悪化しますので、ほどほどにと考えておいてください。

 

一日に必要なタンパク質の量を毎日摂るように心がけることが大切なんですね。

 

脂質や炭水化物も適度に取りましょう。

ボディーメイクなどの大会前など、炭水化物を取らない日が続くと、体調も変わってきますので、気をつけてくださいね。

 

おすすめなのが、ブロッコリーです。

 

 

野菜の中でも栄養価が高く、ブロッコリースプラウトなんかもとてもいいですよ。

ビタミン、ミネラルもすごく取れて、僕も筋トレ中の食事には、毎回食べています。

 

いきなりステーキのトッピングにコーンがあるのですが、ブロッコリーに変更可能ですので、おすすめですよ♫

バランスのとれた栄養価の高い食事が筋肉にもすごくいい!

何より、偏った食事が一番ダメです。

肉ばっかりとか、ブロッコリーばっかりとか。

まんべんなく食べて、中でも炭水化物を控えていく。

そして、3:5:2の法則を守った食事を心がけていくことで、だんだんと締まっていきますよ。

3:5:2というのは、朝食3、昼食5、夕食2という感じで、一日の食事量を考えるといいですよ。

まとめ

何より、減量期は、とても大事。

過剰な炭水化物や、不摂生な食事は、控えて、徹底的に管理していきましょう。

 

ある程度、減量が進んでいくと、どうしても壁が出てきます。

ホメオスタシスがこれ以上痩せたら危ない!!

 

って指令を出すので、そこを解除してあげましょう。

その時は、少し、食事の制限を解除し、食べたいものを食べてもいいですよ。

 

ただし、そこから、また、絞っていくためには、従来の食事制限を続けていきましょう。

 

さらに、痩せていきますからね。

こちらものぞいてみてください!

-筋トレ
-, ,

Copyright© 山のおやじ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.