子育て

子育てに必要なお金って?計算してみると意外に多い!

投稿日:

子育て世代真っ只中のあなた、日頃の貯金できてますか?

子ども一人育てるのに必要な金額っていったいいくら必要なの?

私立と国公立との違いは?

健康で、優しい子に育って欲しいのは誰もが望んでいると思いますが、

日本に住んでいる以上、学校に行かせるにはお金がかかります。

義務教育の間にも、私立を選ぶと、その分教育費用はかさみますよね。

子どもにどのコースを歩ませるのか、親としては、いろんな選択肢を設けてあげたいとは思いますよね。

 

たくさんの教養を身につけて、社会に出ても恥ずかしくない立派な大人になって欲しい。

 

そんなことから、幼少期から、習い事をさせてあげたいですよね。

 

 

 

一人当たりの教育資金って?

 

さあ、子育てが始まると、これからどんどん、お金が必要になってきますよ。

結婚した今のうちに将来の子どものために貯金をしておきましょう。

自分の収入、身の丈にあった子育てをしないと、破綻してしまいます。

高校までを公立に通わせるとして、一人当たり、300万円は用意しておきたいですね。

私立の中高を選択した場合、その金額は大きく変わります。年間80万から120万円

6年間だと約700万円かかるということですね。

今の生活水準の中で、貯金を年間いくらできていますか?

公立だと、毎月5,000円、児童手当を全額で、だいたい300万円貯めることができます。

私立に通わせるなら、プラス2万円は必要になるでしょう。

 

あくまでも、学校だけで・・・ということです。

 

習い事に行かせるなら、

塾の費用も1万円から5万円程度、教科数によって違います。夏期講座や冬季講座なんてそれだけで5万円はかかります。

塾だけでも年間で60万程度は必要ですね。

 

 

大学はというと。

費用は大きく異なってきます。

 

 

私立の場合、受験だけで8万程度。学部によってはそれ以上。何校も受けることを考えると20から30万程度かかります。

年間の授業料は学部にもよりますが110万円から150万円

4年間で、500万から600万

プラス、パソコン・プリンター・教材・特別授業なども入れると、初年度50万から100万は余分にかかります。

理数系は特に高額になりますね。

医歯系は、桁が違います。初年度500万、6年間では2000万を超えます。

国公立は、その点、入学金20から30万、授業料は40万程度。4年間で250万程度。

これなら、バイトしながらでも、子どもが払えちゃいます。

子ども一人、大学まで私立で行かせるのであれば、最低でも1300万円程度は必要になってきますね。

自宅から通うことを前提としてますので、遠方で下宿などとなると、一気に負担は跳ね上がります。

塾や、習い事を行かせるなら、さらにそれ以上の蓄えが欲しいですね。

 

できる範囲のことをする

将来設計をきっちりとして、新生活をすることが、家族全員の幸せにつながります。

親としては、できる範囲で、できることをする。これが重要ですね。

社会人1年生から、コツコツ積みて立てることが、将来の生活を支えることは、間違いありません。

ただ、貯金は、利子が低いです。

家計に余裕が出てきたら、なくなってもいいお金で、投資することも大切ですね。

日本人は特に、投資に遠慮がちです。

資産を爆発的に増やすには、投資は避けて通れません。

ただし、生活資金にまで手をつけると破綻してしまいますので、あくまでも小遣いの範囲にしましょうね。

 

まとめ

将来設計は早いうちにしておくといいですよ。

マイホームを建てる。

海外旅行に行く。

車を買う。

そんなことも大きなお金が必要な時です。

色々、自分の夢を叶えるために、プランニングしていきましょう。

 

-子育て

Copyright© 山のおやじ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.