生活 雑学

空飛ぶ車の実用化が本格化?いつから乗れる?

読者

空飛ぶ車って夢があっていいよなあ。

実際どんな感じで実用化されるんだろう。

 

こう言った疑問に答えます。

 

本記事のテーマ

空飛ぶ車の実用化が本格化?いつから乗れる?

 

世界中の話題ともいえる空飛ぶ車の実用化。

バック・トゥー・ザ・フューチャーの世界がもう間も無く訪れようとしていますね。

 

この記事では

・空飛ぶ車とは

・空飛ぶ車はいくらで買える

・空飛ぶ車はどこで買える

・日本ではいつから

 

について、解説していきます。

 

空飛ぶ車とは

空飛ぶ車とは

文字通り、空を飛ぶ車として世界各国のメーカーが試行錯誤して開発しています。

中国では、販売も開始しており、実際に飛んでいるようです。

 

将来的にはハンドルもない自動運転が可能となり、免許も不要になるとか。

鎌倉の自宅から東京のオフィスまで、約30分で到着することも可能になるようですね。

 

そうなってくると、もう渋滞を理由に遅刻なんてこともなくなりそうですね。

 

もっとも、ウェブ会議などで、自宅にいながら仕事ができるテレワークも最近では現実になっています。

 

少し前までは考えもつかない、未来のことでしたよね。

 

現在開発されている空飛ぶ車とは、映画バック・トゥー・ザ・フューチャーのようなデロリアンタイプに搭載されている反重力装置を用いたようなものではなく、現在の技術で可能なドローンの機能を搭載した自動車が主流になってくるようです。

 

とは言え、空を自由に飛べる時代がもう間も無くやってくるなんて、ほんとにワクワクしてきますね。

 

久しぶりにバック・トゥー・ザ・フューチャーの映画が観たくなりました。


映画観るなら<U-NEXT>

デメリットといえば、観たい映画を観る時間をつくれないこと。

今なら31日間無料トライアル実施中です。

いつでも観たい映画が観られるって最高ですね。

 

空飛ぶ車はいくらで買える

空飛ぶ車はいくらで買える

現在の価格で3,000万円から4,000万円程度と言われていますので、まだまだ一般庶民には手が届かない価格帯ではありますが、一部の富裕層には手が届いてしまう価格設定になっています。

 

そのうちフェラーリより空飛ぶ車という感じになるのではないでしょうか。

 

空飛ぶ車はどこで買える

現在は中国で販売がされており、実際に89機の販売実績があるとか。

でも、日本で飛ぶことはできないので、買ったとしても中国で楽しむしかありません。

 

日本ではいつから

日本ではいつから

日本の空飛ぶ車は、早ければ2023年に体験できるかもしれません。

 

エアタクシー事業ということで、大阪湾周辺クルーズが可能になります。

料金もヘリコプター(三人乗り3万から8万円)に比べ約半分くらいを想定しているため、手軽に利用が可能になるようです。

USJから海遊館なら、電車で行けば30分以上ですが、エアタクシーなら、5分から10分で移動が可能になります。

2025年の大阪万博に向けて航続距離の拡大を実現していくとのことなので、空飛ぶ車ももう直ぐ実用化が可能ということですね。

 

大阪の吉村知事も、大阪・関西万博で空飛ぶ車、空飛ぶタクシーは是非やりたい。国に規制緩和を求め、実現可能としています。

 

開発企業と「官民協議会」にて法整備を含めて検討を進めているところなので、楽しみですね。

 

空飛ぶ車 まとめ

空飛ぶ車 まとめ

空飛ぶ車が販売されても最初はパイロット免許が必要なため、なかなか広まりにくいかもしれませんが、2030年の実用化に向け、世界中で200から300社により、空飛ぶ車が開発されているようです。

 

日本でもスカイドライブ社がデモ飛行を成功させていますね。

 

オートパイロットになり、実用化が可能になれば、あなたの生活はどのように変わるのでしょうか。

 

シミュレーションでは、鎌倉の自宅から六本木のオフィスまで約60キロの距離を30分以内に到着できるようになるとのこと。

 

電車や車で行くと1時間から1時間半の距離ですから、かなりの時短になるわけですね。

 

さらにオートパイロットですから、飛行中も自分の好きなことをできるというわけですね。

 

そんな未来の生活が、そう遠くない10年後にやってくるなんて想像がつきますか?

 

今から空飛ぶ車を購入するために貯金しておくのもいいですね。

 

お金を貯めるなら、ネットビジネスから始めるといいですね。

リスクはありません。

やるかやらないかはあなた次第です。

ネットビジネスの始め方!何から始めたらいいの?わかりやすく説明します!

-生活, 雑学
-, ,

Copyright© 山のおやじ日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.