マスク

息苦しくない手作りマスク!立体マスクの作り方!

読者

最近、マスクが売ってなくて困るなあ。。。

朝一からドラッグストアに並んで買うことも、なかなかリスクがありそうだし、

自分で作ってみたいけど、難しそうだな。

誰でも簡単に作れる方法があれば、やってみたいなあ。

 

感染予防や花粉症対策で

マスクをずっとつけている方も多いですよね。

 

しかも、買いたくても買えない今のこの状況・・・

それなら作ってしまえ!

 

と、生地を買いに行っても、売っていない・・・

 

そんな悩みを解決します。

 

感染予防には、マスクが隙間なく顔にフィットしていることが大事ですが、

息苦しいと、長時間つけているのが辛くなるので悩ましいですね・・・。

今日は、誰でも簡単に、息苦しくない、長時間着用しても楽に過ごせる立体マスク

作りたいと思います。

  • ミシンなしで、手縫いでOK!
  • 作り方カンタン!20分くらいで完成!

ぜひ作ってみてくださいね。

 

 

 

お気に入りの布や家にあるハギレで立体マスクを作ろう

材料は

  • 表布用の布   たて15cm以上×よこ35cm以上 1枚
  • 裏布用の布   たて15cm以上×よこ30cm以上 1枚

 

 

  • ゴム2本  マスク用のゴムが一番良いですが、品切れが多いですよね・・・。

髪を結ぶゴムでも代用できます(輪っかではなく紐状がオススメ)。

パジャマやパンツ用のゴムひもも、柔らかくて良いですよ。

さらに、使い終わった紙のマスクの耳部分だけ切り取って、

再利用することもできます^^。

 

  • (あれば)ノーズフィット(鼻部分にあてて調整する針金)

市販の紙マスクを使用後、鼻部分を切り取って中の針金を出して使います。

これがあると鼻部分にあてて形を作れるので、息苦しさがさらに軽減します。

結束バンドでも、何度も形を変えることはできませんが、代替になります。

表布は、自分のお気に入りの布にすると、

かわいいマスクが完成して、嬉しい気分になります(*^w^*)。

白地や無地にすると、男性にも着用しやすいマスクが出来ます。

なかなか布を買いに行くこともできない時は、

家庭の着なくなった服を裁断して使うこともできますよ。

 

裏布は、肌に直接ふれるので肌触りのよいガーゼ生地やさらしがオススメです。

もしガーゼ生地がない時は、家にある着古したTシャツを必要な大きさに切ると、

お店にいかなくても材料が用意できます^^。

育児中のご家庭なら、赤ちゃん時代にたくさん使ったガーゼハンカチが

ちょうどよい大きさで使えます。

カンタン!手縫いで作れる立体マスクの作り方

1.型紙を用意します。

 

*ポイント*

こちらの型紙は、一般女性用のサイズです。

お子さん用や男性用を作る時は、縮小・拡大コピーをして下さい。

(目安としては、お子さん90%・女性&高学年のお子さん100%・男性110%~120%の縮小・拡大がオススメとのことです)

ちなみに、我が家の長男(中学生細身)は110%拡大、

夫(70kg大きめマスクが好き)は120%拡大がちょうどでした。

好みもあると思うので、調整してみてくださいね。

2.布を切ります。

表布・裏布をそれぞれ切ります。

 

3.中心部を縫い合わせます。ぬいしろは1cmです。

表布同士、裏布同士であわせ、ずれないようにします。

 

 

4.ぬいしろにハサミで切り込みをいれます。

*縫い目を切らないように注意してくださいね。

切り込みをいれることで、立体部分がもたつかず、きれいに仕上がります。

 

さらにキレイに仕上げたい方は、ぬいしろ部分をアイロンでおさえて下さい。

5.表布と裏布を中表で重ね、上下部分をそれぞれ縫い合わせます。

まず、表布と裏布がずれないように、

先ほど縫った中央部分をまちばりでとめます。

 

6.裏布の長さだけ縫います。

*裏布は表布より両端3cmずつ短いです。

 

7.ここで、ノーズフィットの針金があれば、縫い付けます。

(なくても大丈夫です)

山状になっている方が鼻部分なので、針金と布の中央をあわせて、

真ん中と両端を縫います。

 

8.縫い終わって筒状になったら、

中に手をいれて、ひっくり返します。

 

さらにキレイに仕上げたい方は、ひっくり返した後、

アイロンをかけて形を整えて下さい。

9.ゴムを二本切り、両端にゴムを置きます。

 

10.ゴムが抜けないように、真ん中で軽く縫いとめます。

 

11.両端を三つ折りして縫います。

1回目は1cm、2回目は2cm折ります。

 

完成です!

マスクを顔にあて、耳の位置に合わせてゴムを結んでくださいね。

 

立体の布マスクで清潔に過ごしましょう

立体の布マスクで清潔に過ごしましょう

材料さえそろえば作れますので、

時間のある時に何枚か洗い替えを作っておけるといいですね。

 

布マスクの正しい洗い方は、

厚労省や洗剤メーカーの花王等で紹介しているので、

「布マスク 洗い方」で検索してみて下さいね。

息苦しくない【カンタン】立体マスクの作り方 まとめ

息苦しくない【カンタン】立体マスクの作り方 まとめ

今回は、息苦しくない【カンタン】立体マスクの作り方を紹介しました。

「毎日着用しないといけないけど、マスクの在庫が心配・・・」

「5分の外出に、品薄のマスクをつけるのはもったいない・・・」

そんな心配も、洗って何度も使える布マスクなら解決ですね。

 

慣れると20~15分くらいで作れますので、ぜひ作ってみて下さい。

手縫いなので、お子さんと親子で作るのも楽しいですよ。

かわいい布マスクを身につけたら、ちょっぴり気分が癒されるので、

感染症や花粉症で大変な中、少しでも明るい気持ちになることができれば、

いいなと思います。

 

暑い夏でも、冷感スプレーがあれば、熱中症対策にもなりますね。

 

*参照元:nunocoto fabric 参照URL:https://book.nunocoto-fabric.com/15460.html

マスクでメガネがずれる!曇る!蒸れる!おすすめの4つの対処法を紹介します♪

手作りマスク!とっても簡単!縫わない切らないハンカチマスクの作り方

 

息苦しくない手作りマスク!とっても簡単!誰でも作れる作り方全集!

-マスク
-, , , ,

Copyright© 山のおやじ日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.