オクトー ドラマ

オクトー感情捜査官 第4話の感情は喜び見どころ感想まとめ

読者
オクトー第4話面白かったあ

 

7月28日、ドラマ オクトー第4話が放送されました。

オクトー感情捜査官 第4話の感情は喜び 見どころ感想をまとめています。

 

本記事のテーマ

オクトー感情捜査官 第4話の感情は喜び見どころ感想まとめ

この記事では、

オクトー感情捜査官第4話のあらすじ

オクトー感情捜査官第4話喜びと悲しみネタバレ感想

 

について紹介しています。

 

オクトー感情捜査官 第4話あらすじ

ある病院で、入院中の患者・葛木花恵(松金よね子)が死亡した。まもなく、病院の看護師・佐久巻麻美(徳永えり)が逮捕される。麻美は、花恵の点滴に大量の空気を注入して殺害した疑いがあった。

朱梨(飯豊まりえ)と風早(浅香航大)の取調べに対して麻美は「私が殺しました」と自供。朱梨のスケッチブックには、喜びを表す黄色の線が描かれる。「ずっと人を殺してみたかったんです」と微笑む麻美。さらに彼女は、殺す相手は誰でもよかったと告げる。麻美の身勝手な言い分に、風早は「遺族がそれで納得できると思うのか」と迫る。その時の麻美の反応に朱梨は、怒りの赤を見る。
麻美の怒りは、花恵の遺族に向けられているのか? 花恵の娘は、人気料理研究家の葛木かんな(しゅはまはるみ)。彼女は認知症を患った花恵のために考えたレシピを発表し、評判を呼んでいた。

朱梨と風早は、かんなに会いに行く。かんなは、母の死にショックを受けているようだった。かんなから赤は見えたものの、大切な人を失った悲しみを表す色は見えない。朱梨は、かんなに遺族として当然の感情が表れないことに不審を抱く。
病院関係者への聞き込みで、新事実が発覚する。花恵が亡くなる数日前、かんなが麻美に頼みごとをしている様子が目撃されていた。麻美は、かんなの依頼で花恵を殺害した可能性が浮上。そんな中、麻美の母・百合子が東神奈川署に駆け付け、娘の無実を涙ながらに訴える。

かんなが麻美に依頼して母を殺害したのではないかという疑惑がマスコミに報じられる。世間では、かんなを支持する声が多く、警察に対するバッシングが高まる。世間からの批判を収束させるため、上層部から早急に麻美を送検するようにという命令が下る。次の取調べで麻美から何も引き出せなければ、事件は真相が明らかにならないまま、幕引きとなってしまう。
朱梨と風早は、麻美に対する最後の取調べに臨む。しかし麻美は、自分が殺したいから殺したという供述を変えない。本当の感情の色を見せない麻美に、朱梨は――!?

https://www.ytv.co.jp/8octo/story/4.htmlより

オクトー感情捜査官第4話喜びと悲しみネタバレ感想

喜びの感情

喜びの感情の犯人

ずっと人を殺したかったという

 

悲しみの感情のない遺族

母が生きがいだったというが犯人に対する怒りの感情だけで、大切な家族を無くしたという悲しみが見えない。

 

二つが指し示す理由はなんだったのでしょう。

 

被害者から殺してほしいと頼まれていた。

 

認知症の母を気遣う娘を装う料理研究家

終わらせたい親子の関係

人を殺したかった看護師

 

これを運命と言ってのける犯人でしたが、

朱梨はその奥にある秘密に気づいていました。

 

まとめ

ドラマ オクトーの原作本はなく、ドラマだけの完全オリジナルストーリー

感情が示す意味は深いものがありますね。

今回の4話は人を殺してみたかったという看護師。

深い闇があった今回のストーリー

 

風早が平安次長の息子だったとは。。。

次回も楽しみですね。

 

オクトー最終回までのロケ地情報 見どころ感想のまとめ↓

ドラマ「オクトー 感情捜査官 心野朱梨」最終回までのあらすじ見どころ感想 ロケ地 出演者一覧や視聴率 まとめ

 

 

-オクトー, ドラマ

Copyright© ハルブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.