公務員 雑学

総合区どうなる 話題が再燃!?元大阪市職員が解説します。

読者

都構想廃止決定!

次は総合区?

おいおい、それやったら何のための住民投票やったん?

 

こう言った疑問に答えます。 

 

本記事のテーマ

総合区どうなる 話題が再燃!?元大阪市職員が解説します。

 

 

11月1日の住民投票で大阪市を廃止し特別区を設置するという案は反対多数により否決されましたね。

 

ところが、これを受けて公明党案の総合区が再燃する様な動きがありますが、実際のところどうなるのでしょう。

 

この記事では

・総合区とは

・再燃するのか

・住民サービスは向上するのか

 

 

について解説していきますね。

 

 

 

大阪都構想を掲げる維新の会の議員が提案した都構想は住民投票で否決、対案として出されていた総合区案が再浮上してきました。元大阪市職員としての経験から、今後の展開を予想します。

 

ただ単にサービスが良いと言うのはどういった街なのでしょう。子育てがしやすい街、高齢者が住み良い街、災害に強い街、新婚世帯に手厚い街、学びやすい街、ほかにもいろんな課題があり、どれに偏っても住み良い街とは言えません。

総合区は大阪市民にとってどんな未来を示してくれるのでしょうか。実施されれば、日本初の総合区の誕生となります。

市会で可決されれば、実施に向かって進んでいくだけです。

 

都構想がダメなら総合区ではなく、総合区がより良いものになる様、議論をし尽くし、都構想にあったメリット論のみに走るのではなく、デメリットも議論した上で、市会でしっかり議論して欲しいですね。

 

 

総合区とは

総合区とは

元々は大阪維新の会が都構想案を出した時に、反対だった他の政党に対し、反対だったら対案を出せ!となり、公明党が総合区制度を対案として提出したもの。

昨年のダブル選挙までは、総合区案と都構想案が相互で協議されていました。

 

維新の会の圧勝で民意は都構想だ!ということになり、総合区案は取り下げられ、都構想一本で実施してきたんですね。

 

 

特別区設置案とともに大阪市会で協議されていたものですが、今回の特別区設置の住民投票を行うと決めた時に対案である総合区案は廃案となっています。

 

再度、やるにしても公明党が決めるのではなく、自民党とも相談が必要でしょうし、そもそも都構想と決まったものが、住民投票により否決されたからといって、すぐに総合区となるのであれば、最初から、総合区をやっておけばよかったものです。

 

5年間のうちに住民投票を2度も行い、100億の税金を使ったことは、歴史的に価値はあったとしても、住民サービスの向上には繋がりませんでした。

 

総合区は、議会で決まればそのまま実施されるので、一度引っ込めた総合区案を再度提出する前に、じっくりと議論して欲しいものですね。

 

再燃するのか

再燃するのか

公明党は市長から提案があれば、自民党と協議しながら判断するとしている様ですが、大阪維新の会の対案であった総合区案を市長から提案するのかということがポイントです。

 

もともと、総合区案はダメだから、都構想案に決めてますからね。

 

否決されたから、次はこっちっていうのも、市民を馬鹿にしているというか、何というか。

 

住民サービスは向上するのか

住民サービスは向上するのか

副首都・大阪として、日本を発展させていくための制度ですから、大阪市の権限はそのままに行政のシステムを変更することになります。

 

指揮命令系統がかわるので、その点のルール作りなどは再度、検討しないといけないでしょう。

 

各区を束ねる総合区長が区長になり変わり、手厚い住民サービスを行えるとしていますが、元々が都構想案から来ている案なので、大阪市を残してというところは評価できますが、いわゆる合区とは違い、予算の差が生じてしまうことが懸念されます。

 

大阪市という一枚岩で平等だった予算が、総合区で分散され、地域ニーズに合ったサービスを実施することになりますので、予算が潤沢にある区とそうでない区とでは、サービスに差が生じる恐れがあります。

 

もちろん、区で行うことと、広域的に行うこととは別物なので、どこまで区の権限で行うのかが争点となりそうですね。

 

いずれにしても、住民サービスが向上する様な夢物語だけでなく、デメリットも示した上で真摯な議論をして欲しいものです。

 

総合区は議会の承認が得られれば実施されますので、住民にノーと言う権利はありません。

住民ニーズを市政に反映すると言うのは聞こえはいいですが、当たり前のこと。

 

総合区にすることで、各区のニーズをきめ細やかに対応できるのかと言うと、そこは権限と予算をどう振り分けるのかにかかってくると思われます。

 

総合区ごとで住民サービスが異なるなんてことにならない様にしてほしいですね。

 

総合区は実施されるのか まとめ

総合区は実施されるのか まとめ

市長が提案すれば、すんなりと議会にとおされ可決されるでしょう。

都構想が否決された維新とすれば、対案だった総合区を押すことは、抵抗がある様にも思います。

ただ、提案されれば、議会で可決されることは、間違い無いでしょう。

総合区案も自民と公明で統一した見解にはありませんので、十分に議論し尽くしてから市会で議論して欲しいものです。

今後の動向に注目していきたいですね。

大阪都構想なぜ負けた?元大阪市職員が解説します。

-公務員, 雑学
-, ,

Copyright© 山のおやじ日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.