筋トレ

ダンベルで筋トレ コツは肩甲骨

投稿日:

今日は、簡単にできて、効果的なダンベルを用いた筋トレをご紹介しましょう。

 

筋トレで一番大事なことは、強度。

限界10回を3セット。できれば4セット。

フォームが大事

 

筋肉に効かせるフォームで、最大限の効果を出していきましょう

 

肩甲骨を合わせ、おしりを引き上げ、背骨をアーチ状にする。

腕は、直角。頭の上にあげ、下ろす。その時も、腕は、直角。肘が、肩より下がらない

ようにしましょう。

さらに、肩甲骨を合わせに行くイメージで、ダンベルは耳より後ろ。

そこから、まっすぐ、頭上まで上げる。

 

二等辺三角形を作るイメージです。

 

フォームをきっちりすることで、筋肉がつきやすくなります。

 

寝そべっても同じ。

ダンベルは、胸の位置から、なるべく下げて、肩甲骨を合わせる。

まっすぐあげて、二等辺三角形を作っていくイメージ。

 

これも、10回、限界を4セット。

 

それだけでも、効きが違ってきます。

フォームをきちんとすることで、脂肪の燃焼効果も高まってきます。

筋トレの効果は、食事にあり

筋トレ後の食事は、タンパク質を多めにとりましょう。

糖質は、1日50gくらいに抑えるといいですよ。

ご飯は基本、食べなくて大丈夫

肉や魚、葉物野菜をメインに食べましょう。

 

しばらくは、ラーメン、セーブしましょう♫

まとめ

筋トレだけでなく、食事管理も伴わないと、最大限の効果は得られません。

高タンパク低糖質の食事を心がけるだけでも、筋トレ効果を最大限引き出す事ができます。

今日から、ご飯抜いてみませんか?

2ヶ月後、あなたの体は、引き締まりますよ。

-筋トレ

Copyright© 山のおやじ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.