子育て 対処法 雑学

エスティマのリモコンキーが反応しない!電池切れ?エンジンスタート、電池交換の仕方を紹介します。

 

読者

あれ?

車のドアが開かへんやん!

 

電池交換どうやるんやろ?

 

 

こう言った疑問に答えます。

 

本記事のテーマ

エスティマのリモコンキーが反応しない!電池切れ?エンジンスタート、電池交換の仕方を紹介します。

エスティマのリモコンキーが効かない!電池交換はどうやるの?

突然リモコンが効かなくなると焦りますよね。

特に出勤時のバタバタの時にドアが開かないなんてことになると、それだけでパニックですね。

 

そんな時にでも、鍵の開け方やエンジンのかけ方を覚えておけば安心です。

 

この記事では、そんないざという時のために、

リモコンキーが効かない時の応急措置

電池交換の仕方

 

をご紹介しますね。

 

リモコンキーが効かない時の応急措置

リモコンの側面を押し、出っ張りを引っ張ると、予備の鍵が抜けます。

ドアの鍵穴に挿して回せば、ドアロックは外れます。

 

万が一、電池がなくなっても、これで安心ですね。

 

エンジンスタートの際は、リモコンをスタートボタンの所にあてがい、しばらく待ちます。

 

車が鍵を認識すれば、いつものようにボタンでエンジンがかかります。

 

次回のために、電池を交換しておきましょう。

 

電池交換の仕方

先ほど引っこ抜いた予備の鍵を使って、簡単に交換ができます。

 

鍵の先端をリモコンキーの隙間にちょうどぴったりの穴がありますので、そこに鍵の先端を差し込みます。

右でも左でも、どちらかに鍵を回して、こじ開けると、蓋が開きます。

リモコンのトヨタマークを上にして開けると、電池がすぐ見えます。

少しぴったり入っているので、電池を取り出しにくいですが、マイナスドライバーなどで、こじるとすぐに外れます。

電池はCR1632です。

 

電池を交換して、蓋を元通り閉めればおしまいです。

 

蓋の開け方を知らないと、電池交換ができません。

これで、次回から安心ですね。

リモコンキーが効かない! のまとめ

リモコンキーが効かない! のまとめ

最近の車は、キーレスでボタン一つでエンジンが始動したりと便利になりましたよね。

 

でも、電池切れだといつものようにドアも開けることができません。

 

車のリモコンによって開ける方法が違いますが、一度覚えておけば安心ですね。

 

リモコンキーが効かなくなるまで乗っているということは、相当の走行距離を走っていますね。

 

定期的なエンジンオイルの点検と、タイヤの空気圧は、ガソリンスタンドで月1回くらいみてもらうことをお勧めします。

 

とくに、エンジンオイルはすっからかんで走っていると、エンジンが潰れてしまう原因となります。

 

空気圧も減っていると、タイヤの片減りや燃費が悪くなる原因にもなりますので、チェックしすぎるくらいがちょうどいいですよ。

 

参考になれば幸いです。

-子育て, 対処法, 雑学
-, ,

Copyright© 山のおやじ日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.