対処法 自転車

自転車盗難防止に効果的な対策とは!?ロードバイクは特に狙われやすい!

自転車の盗難防止に最も効果的な策とは!?

自転車の盗難被害って、大阪の街頭における犯罪で一番多いようですね。

他にも、ひったくりや自動車盗難など、日本は安全なんていうことを思っていませんか?

 

盗難なんて、対岸の火事程度に思っていた僕。

実際に自転車盗難の被害にあったときは、なぜ、鍵をもっと厳重にしなかったんだろうって後悔したものです。

 

被害にあってからでは遅いのです。

日頃から、被害に遭わない行動を心がけましょう。

自転車の盗難にあわないために

自転車の盗難にあわないために

ズバリ、自転車への鍵かけが重要です。

 

警察や行政でも自転車の盗難防止に効果的な対策として繰り返し啓発しているようですが、自転車の前輪、後輪のダブルで鍵をかけるツーロックが有効とされています。

固定物にくくりつけておけば、さらに盗難の被害に遭う確率は低くなりますね。

ロードバイクは特に、現場から持ち去ることができれば、あとでゆっくり鍵を壊せばいいという感覚ですから、なるべく持ち去られにくい対策が必要です。

 

ただし、ダブルで鍵をかけるといっても、普通の鍵や、ワイヤー錠では簡単に壊されてしまいます。

シリンダー錠や、U字の錠前でガッチリとロックしておきましょう。

ワイヤー錠前は、細いものだと簡単に切断されてしまいます。

その点、この鍵なら、切断は容易ではありません。

 

ただし、ターゲットになった場合は、あらゆる工具で切断することが可能です。

決して万能ではないということですね。

 

 

ただし、施錠するのが当たり前なのですから、しなければ簡単に持ち去られて終わりです。

高価なものですが、繰り返し使えることと、愛着のある自転車を守るためなら惜しくはありませんね。実際、鍵をかけていても盗られたことのある僕からのアドバイスです。あの時、もっと頑丈な鍵にしておけば良かったなんて後悔しないですみますよ。

これくらい頑丈なワイヤー錠なら、固定物と一緒に自転車をくくりつけられますね。

 

最近は、自転車のサドルだけを取る盗難もあります。

 

転ばぬ先の杖は必要ですね!

 

盗難された自転車の行先

盗難された自転車の行先

よくあるケースが、終電後に駅から駅への乗り捨て。

放置自転車を盗難して、また、駐輪禁止場所に乗り捨てるケース。

放置自転車は、大阪市が撤去してくれますから、盗難自転車が保管場所で見つかることも多いようです。

 

高級なロードバイクなら、ネットオークションで売り捌かれます。

パーツだけの盗難にも注意が必要ですね。

 

盗難される前に

まずは、見積もり無料

で盗難保険には加入しておきましょう。

加入は簡単。保証も安心ですね。

 

自転車が盗難にあう時ってどんな時?

自転車が盗難にあう時ってどんな時?

一番多いのが、無施錠の時。

駅の駐輪場や、スーパーでも無施錠の自転車は簡単に盗まれることが多いです。

 

理由は簡単、誰にも怪しまれないからです。

 

それは、昼夜を問わず、盗まれています。公共の駐輪場や、市役所の駐輪場など、そして、路上の放置自転車も盗難の被害に遭うことが多いようです。

 

夜間は特に気をつけなければいけません。

人目につかない場所なんかは、一番危険ですね。

 

駐輪場に入れておけば大丈夫なんて思っていませんか?

駐輪場も実は、あぶないんです。

 

駐輪場でも100円程度で、ロックが外れるものもありますから、狙われたら、簡単に、盗られてしまいます。

 

まずは、狙われないようにしましょう。

高級な自転車なら特に、厳重に管理しておかないと、盗難してくださいって言っているようなものです。

 

家の中に入れられるなら、家の中や鍵のかかるガレージに保管しましょう。

 

そうでない場合は、二重に鍵をかけておくことが一番大切です。

 大切なのは、盗まれにくくすること。

 

盗難する気があれば、鍵は一瞬で壊すことができます。

細いワイヤー錠なら一瞬です。

 

 大阪の街頭における犯罪の中で、ナンバーワンの被害件数を誇る自転車盗難!

大阪市中央区といえば、ミナミの中心地!

多くの人が行き交い、自転車の盗難は、大阪1多い区なんですね。

 

そんな自転車の盗難が多い街にどうしても駐輪しなければならないのなら、盗難されにくくするしかありません。

 

大阪の街を颯爽と走る自転車はとても便利なのですが、一番盗難の被害に遭いやすい乗り物でもあるんです。

被害に遭わないためにも、個人の意識はとても重要です。

 

盗られないだろうと思っている人が、実際に被害にあっている確率が高いものです。

いつも買い物で、自転車を使ってるし、鍵をかけるのも面倒くさいし。。。

 

なんてことを繰り返している人が、実際被害にあっています。

 

でも、自転車って、1万円以下で買えるので、被害にあってもまた買えばいいかって思う人も多いようですね。

 大切な自転車を被害から守るためにも、被害に遭いにくい、犯人が盗みたくならないような対策を日頃から心がけることが大切ですね。

 

 自転車盗難の罪

自転車盗難の罪

窃盗罪は、10年以下の懲役または、50万円以下の罰金刑が処せられます。

自転車の盗難は立派な犯罪です。

前科があれば尚更、重罪に問われてしまいます。

 

ちょっとした出来心で、とか、終電がなくなって仕方なくとか、捨ててあると思ったとか、自転車盗難をする人って、いろいろと言い訳があるようですね。

何を言っても無駄なのに。

 

 

自転車盗難防止まとめ

自転車盗難防止まとめ

鍵をダブルで施錠することが最も大切

いざという時の盗難保険への加入

盗まれにくいように日頃から心がけておく。

つまり、きちんとした駐輪場に、鍵をダブルで施錠、さらに、固定物へ自転車ごとロックしておく。

 

犯人は時間がかかるようなことを好まないので、盗むのに時間がかかるものは、よほどのことがない限り盗りません。

 

ただし、高級自転車はこの限りではないようです。

日頃から、さらに気をつける必要があるようですね。

 

大阪は、犯罪のおこらない街として有名になる日は近いのでしょうか。

-対処法, 自転車
-, ,

Copyright© 山のおやじ日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.