オクトー ドラマ

オクトー感情捜査官 第9話ロケ地見どころ感想まとめ

読者
オクトー第9話のロケ地はどこ?

 

オクトー感情捜査官 第9話の見どころ感想をまとめました。

 

本記事のテーマ

オクトー感情捜査官 第9話ロケ地見どころ感想まとめ

この記事では、

・オクトー感情捜査官第9話のロケ地

・あらすじネタバレ感想

 

について紹介しています。

 

オクトー感情捜査官 第9話のロケ地あらすじネタバレ感想

朱梨(飯豊まりえ)の両親が殺された事件の背景に、一体何があったのか――。
朱梨と風早(浅香航大)は、15年前の事件について調べる。
当時、朱梨の父・陽介(豊本明長)は東神奈川署の刑事で、連続婦女暴行事件を追っていた。綿貫猛司(こがけん)が容疑者として逮捕されたものの、証拠不十分で不起訴となり釈放。その後、また同じ手口で女性を殺害する事件が発生する。陽介は綿貫の犯行と確信するが、決定的な証拠がつかめず逮捕できない。署長の平安(船越英一郎)は、正義感が強く職務に真摯な陽介を見守っていた。

そんな折、陽介が妻の彩(柳下季里)とともに殺害された。陽介と彩の殺害現場には、雲川(山中崇)と小野寺(片桐仁)、平安が駆け付ける。
平安が指揮を執る捜査本部では、犯人を綿貫と断定。綿貫を個人的に追っていた陽介の動きを封じようとしたことが殺害の動機とされた。
当時の捜査資料を読んで辛い記憶と改めて向き合い、激しく動揺する朱梨。風早は、朱梨が心配でならない。

朱梨と風早は、東神奈川署にいた元刑事・棚田雅彦(モロ師岡)の事情聴取を行う。棚田は、15年前の陽介を知っているはずだった。しかし、彼は朱梨に質問されても、はぐらかして答えようとしない。朱梨は、彼の目に“恐れ”を表す緑色を見る。棚田が放つ緑色は、どんどん強くなり…。
朱梨と風早は、15年隠されていた秘密にたどり着く。すべてを明らかにするため、風早は平安と対峙する――。
一方、朱梨は、自分と同じように15年前の殺人事件で深い心の傷を負った大和(濱田龍臣)から再び話を聞く。大和の父・家長(水澤紳吾)が犯した殺人の真相とは!?

https://www.ytv.co.jp/8octo/story/9.html

朱梨の両親が殺害された真相

15年前の事件を調べるうち、薬物の横流しが警察官によって行われていたことがわかりました。

横流しをしていたのは、雲川ではなく、小野寺

そのことを心野も知っていた。

 

横流しに気づいた心野は、小野寺を問い詰めたが、口封じのため小野寺に殺されてしまう。

綿貫の犯行と思わせるため、手のひらに傷をつける。

 

その時すでに気づいていた平安

組織のために小野寺を見逃すことにしていた。

 

結果的に綿貫を追い詰めることができる。

心野のやり残したことにかたをつけたかった。

 

仲間を殺された真相よりも大切だったという平安

 

心野の近くにいたのは、小野寺が犯人だということを思い出すかもしれないと監視するのが目的でした。

 

自らの罪を認めた平安次長はその責任を負って辞職

 

平安と風早が話していたのは

日本テレビタワー

 

まとめ

ドラマ オクトーの原作本はなく、ドラマだけの完全オリジナルストーリー

次回は最終回

小野寺の犯行動機が明らかに。

 

感情が示す意味は深いものがありますね。

 

 

 

オクトー最終回までのロケ地情報 あらすじや見どころ感想のまとめ↓

ドラマ「オクトー 感情捜査官 心野朱梨」ロケ地 視聴率 ドラマネタバレまとめ

 

 

 

-オクトー, ドラマ

Copyright© ハルブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.