子育て 雑学

今年の節分は124年ぶりに2月2日 なんで?

節分って2月3日じゃなかったん?

 

こう言った疑問に答えます。

 

本記事のテーマ

今年の節分は124年ぶりに2月2日 なんで?

太陽の周りを回っている地球は、ぴったり365日で回っているわけではなく、6時間ほど余計にかかっている。

 

なので、うるう年を作って、1日多くして1年のズレを修正しているんですね。

 

 

こうしたことから、節分は2月2日だったこともあったんですね。

 

前回は、なんと明治30年(1897年)の124年前だったんですね!

 

え、あまりに前じゃない?

 

節分は2月3日だとずっと思ってました。。。

 

 

4年分で大体24時間ということで、1日足りないので、うるう年として調整されてるんですね。

 

でも、これ、増やしすぎてしまうんですね。

 

なので400年に1回はうるう年を調整してるんですね。

 

 

次は2025年らしいです。

 

大阪では

お寿司の巻をその年の恵方をむいて食べることから、恵方巻といいますね。

 

今年は、南南東でした。

 

 

食べている間は無言で恵方をむいて食べるので、なかなか変な風習ですよね。

 

喋ると運が逃げるらしいです。

 

 

他にも、

豆を巻いた後、イワシの頭を柊木の葉っぱで魔除を作って、玄関付近に刺すって風習があるんです。

 

昔から尖ったものは魔除の効果があるとされていて、柊の木は、鬼門(北東)に植えられたりしてますね。

 

古くは平安時代から続いているようですが、

 

あなたの住んでるところは、どんな風習がありますか?

 

 

 

豆まきも、ところ変われば、落花生だったりするらしいですね。

 

 

この年になると、歳の数を食べるのも大変です(笑)

 

 

子供が小さい時は

節分といえば、豆まきということで、鬼の役をよくやったものです。

 

世のお父さんはみんなそうなんでしょうね。

 

 

こういった行事ごとを家族で祝えることも幸せな証拠です。

 

 

来年の節分は2月3日です。

 

 

流石に鬼の役はしませんが、豆まきは子どもたちの役目で、しっかりと福は内、鬼は外!やってもらいましたよ♪( ´▽`)

 

 

恵方巻に合うのって

 

我が家では、イワシと蕎麦が定番です。

 

さすがに、恵方巻だけっていうのは寂しいですからね・・・

 

 

無言で食べるので、ちょっと変ですが、恵方巻だけを食べるっていうのは、喉もつまりますしね。

 

 

いろんな料理と合わせて食べることで、毎年違った雰囲気にもなりますね。

 

 

節分のまとめ

これまで、節分といえば、2月3日だと思っていたんですが、

 

2月2日もあるってことを初めて知って、ちょっと豆知識増えた感じですね。

 

子どもの頃から、たくさん思い出のある節分ですが、世代が変わってもやることが同じっていうのは、

 

 

日本の歴史の趣深さなんでしょうね。

 

 

こういった風習は大切にしていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

-子育て, 雑学

Copyright© 山のおやじ日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.