筋トレ

腰痛改善するためのストレッチ!寝ながらもOK

更新日:

ストレッチやっていますか?

毎日のストレッチはとっても重要です。

高齢化社会に突入し、今後ますます高齢化社会が加速するようです。

まだまだ、若いから、老後のことなんて・・・

なんて考えていませんか?

40歳も超えてくると、腰が痛かったり、肩がこったりと、あちこちに不具合が出てきていませんか?

これって何かというと、筋肉が凝り固まってきているんですね。

毎日、同じ体制。椅子に座っている。同じ方向を見ながら、テレビを見ている。パソコンを長時間触っている。

なんて方は、多いんじゃないですか?

腰痛の原因は日頃の体勢

 

同じ体勢を長時間すると、筋肉がそれ以上の動きを必要としなくなるんですね。

そうすると、だんだんと、猫背になってくる。猫背になると、腰が曲がって、骨盤が後ろに倒れてくるんです。

お年寄りが、腰曲げて、杖ついてるスタイル、あれって、まさに、筋肉を動かしていないことが、積み重なっているんですね。

 

これって、ぜーんぶストレッチで防げるんですよ。

 

毎日のストレッチで、筋肉の可動域を広げて、凝り固まった筋肉を和らげてあげると、体のバランスも整って、腰痛なんて感じなくなりますよ。

 

実際、僕も、毎日のストレッチから、腰痛、肩こりなんて、どこへ行ったのやらって感じですから。

 

細かいストレッチは、こちらにも紹介してますので、のぞいてみて下さいね。

どこをストレッチするの

体の筋肉って、全部、繋がってるんですよ。パーツパーツでは、別なんですけどね。

足のモモ裏、お尻、脇腹、肩甲骨、ぜーんぶ伸ばしていきましょう。

柔軟は頻度です。

何回やっても、やればやるほど効果的。怪我をしにくい体になっていきます。

あっ!あのイチロー選手、よくストレッチしてマウンド入りしてませんでしたか?

ついこの間まで、現役でプレーできていたのは、日頃のストレッチがとても重要だったんですね。

今回は、色々あるストレッチの中から、寝ながら、できるストレッチをご紹介しますね。

ズバリ捻転ストレッチですね。

仰向けに寝て、片足を上げます。右足を上げたら、左側に、左足をあげたら、右側に倒しましょう。

この時、肩はなるべく床につけたままにします。

そして、できるだけ遠くにつま先を伸ばす。戻す。また遠くに伸ばす。戻す。と行った具合に横腹が伸びてるなーって感じながらやると効果的ですよ。

次は、太もも

太ももの特に裏腿の筋肉を伸ばしましょう。寝たまま、両足をあげてつま先を両手で掴んでみましょう。その時、腰は、浮かさないで、裏腿が伸びてるのを感じたらゆっくり足を伸ばしていきましょう。無理すると、痛めてしまうので、いた気持ちいい程度が効果的ですよ。20秒やってみましょう。

次は、お尻

左足を抱きかかえるポーズ。20秒。反対側も20秒。ゆっくりと裏腿が伸びてるなーって感じながらやると効果的ですよ。

筋肉が柔軟性を持ってくると、全てにおいて健康的になってきますよ。

 

まとめ

柔軟は頻度って言いましたけど、寝る前に少しやるだけでも効果的です。

日常生活で、トイレ行った時に、できるストレッチや、椅子に座っている時にできるストレッチ

今後も紹介していきますね。

体の柔軟性が出てきたら、腰痛無くなってますよ。

もちろん、ヘルニアとかの場合は、病院行きましょうね。

その上で、正しいストレッチをすることで、健康な体を取り戻していきましょう。

膝の痛みにはこちらを参考にしてみてくださいね。

-筋トレ

Copyright© 山のおやじ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.