母の日 雑学

母の日のカーネーション、色でよくない花言葉は!?○色は要注意!?

あなたは母の日に何かプレゼントをしたことはありますか?

いろいろありますが花をプレゼントする人もいるのではないでしょうか?!

その中でもカーネーションが有名ですよね。
プレゼントの始まりはアメリカなのですがどうしてなのかご存知ですか?!

 

実は母の日は、亡き母が教師だった場所の教会に、好きだった白色を飾ったのが始まりで、その後1914年に法廷で定められたのです。

そして日本でも、キリスト教の人が伝えて、同じようにプレゼントされるようになったのです。

 

カーネーションには花言葉があるのですが、色のひとつひとつで違うので選ぶ時には気をつけましょう。

ではどれがよくないのかお伝えしていきましょう。

母の日のカーネーションは色がキレイでもNGなもの5つ!

カーネーションといえばあなたは何色を想像しますか?!

お店では赤やピンク色がよく見かけますが他にも白や黄色などたくさんありますので迷ってしまいます。

 

カーネーションの花言葉は「愛」なのですが皆さんがよく見かけるピンクは「感謝」として喜ばれていますが、同じ赤色でも濃さによって変わるので気をつけてください。

 

薄めの色だと「母への愛」となりますが、濃い赤色だと暗いイメージの「私の心に哀しみ」となります。

起源になった白色は「亡き母への感謝」になりますので止めた方がいいようです。

 

他にもまだら模様や黄色やオレンジ色は見た目はキレイですがあまり母の日向けとは言えません。

なぜならば、まだら模様は「愛の拒絶」黄色は「嫉妬」でオレンジ色は「熱烈な愛」なので母親に向けての花言葉としては合いません。

 

実は花言葉は外国や地域でもそれぞれ違いますし起源があるわけでもないです。

しかしメッセージを込めた花束にする時はこの5つを避けて購入してください。

 

母の日の花は前日に買うとしたらどうしたらいい?!

 

お花は当日に売り切れなどで購入できるとは限りませんので前日準備することもありますよね。

そんな時は事前連絡をして受け取る日付けと種類や予算を必ず伝えてください。

 

切り花の場合はキレイな状態で渡したいので受け取った花は次の日に渡すことを伝えておくと、花が咲ききっていないものを選んでもらったり水を多めにしてもらったりできますよ。

 

そして自宅に持ち帰ってからも暖かい部屋に横にしてしまうと枯れてしまいやすいので涼しい所に立てて置いてください。

 

まとめ

 

母の日の準備ができても当日や前日に用事があるなど、会いに行けないならば、少し早めにサプライズとしてもいいのではないでしょうか。

母への感謝の気持ちを込めて選んだものにメッセージを添えるたらもっと喜ばれると思いますよ。

 

 

 

-母の日, 雑学
-, , ,

Copyright© 山のおやじ日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.