子育て 雛まつり

雛人形の飾り方 関東と関西で違うの?不思議体験もあり【写真で手順を紹介】

読者

そろそろ雛人形飾らないとね〜

どうやって飾ってたかなあ。

 

こう言ったなやみに答えます。

 

 

本記事のテーマ

雛人形の飾り方 関東と関西で違うの?【写真で手順を紹介】

 

雛人形を飾るのって、一大イベントですよね。

我が家ではいつも娘と一緒に飾っています。

 

写真を見ながら、どうやったっけ・・・

なんて言いながら飾るのも楽しいですよね。

 

関西の一部では、向かって、右側がお内裏様、左側がお雛様だそうです。

一般的にはお内裏様は向かって左側、お雛様は右側となります。

 

天皇陛下の即位の時に、雛人形を思い出しましたが、天皇陛下は向かって左側でしたね。

準備をしよう!

用意するもの

  • 当然お雛様のセットです
  • 大小の箱がたくさん!

 

 

 

それでは早速飾り方をご紹介いたします!

7段飾の飾り方

 

まずは骨組みから。

 

折り畳まれている骨組みの下段から展開していきます。

左右を立てながら、真ん中のバッテンと前の金具をはめ込めば、こんな感じに組み上がります。

 

次に上段部分をつなげていきます。

 

棚板をひいていきます。

 

毛氈をひいていきます。

 

センターを合わせ、片方ずつ場所を決めヘアピンで留めていきます。

 

毛氈が引き終われば、一番上段から飾り付けしていきましょう。

下からだと、上段を飾る際に邪魔になったりします。

175cm以上の高身長であれば、どこから飾ってもさほど問題にはなりません。

箱から出した順に飾り付けてもOKです。

金屏風は前から見て、ちょうど左右対象の開き方になっているかチェックしましょう。

 

お内裏様とお雛様の台をおきます。

袋から取り出し、柄が前面になるように配置します。

左右対象に配置しましょう

 

上から順番に飾っていくのがいいのですが、箱から出した順番に飾っていっても問題ありません。

 

 

2段目は三人官女です。左から飾っていきます。

三人官女の間にお餅を飾ります。

3段目は5人囃子です

4段目は随臣です。左側が若い方ですね。

間に食器と菱餅を飾ります。

5段目は泣き笑い怒り

6段目は嫁入り道具です。

7段目です

 

 

全体図はこんな感じ

番外編

不思議な写真も撮れていました。

お内裏様とお雛様が入っている木箱を写したはずなのですが・・・

 

-子育て, 雛まつり

Copyright© 山のおやじ日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.