子育て 工作 画用紙

ペーパークラフトで立体的なバラの作り方【写真で手順を公開】

読者
ペーパークラフトで簡単にバラの花を作ってみたいなあ。

子どもと一緒に作れる様な簡単なものないかなあ。

 

こう言ったなやみに答えます。

 

今回はバラのペーパークラフトの中でも、子どもと簡単に楽しみながら作れるものを紹介します。

見た目のかわいいバラに作れますよ。

 

本記事のテーマ

ペーパークラフトで立体的なバラの作り方【写真で手順を公開】

 

準備をしよう!

用意するもの

・色画用紙

・ハサミ

・グルーガン

・丸い形の物(下書き用)

・ペン

・ピンセット(竹串でもOK)

・アイスピック(丸みを形づける為の道具)

 

それでは早速作り方をご紹介いたします!

立体的なバラの作り方

1.今回は直径8㎝のグラスで下書きしました。

画用紙に合うサイズで、円を描ける物ならなんでもOKです。

2.きっちりした円でなく手も大丈夫なので、

フリーハンドで下書きしても構いません。

3.ハサミで切り取ります。

4.ぐるぐるとうずまきを下書きし、渦巻きを切っていきます。

こちらも下書きなしのフリーハンドでもOKです。

5.外側からピンセットでぐるぐると巻きます。

竹串でもOKです。

つかんだままズレなく巻き取れるので、ピンセットはおすすめです。

6.巻き取る帯を包みこむようにすると、どんどん巻き取れます。

7.全部巻き取ったらピンセットを外します。

8.バランスをみてお好みの開き具合に花びらを調整します。

9.最後の中心部分にグルーガンで接着します。

10.グルーガンで溶けたグルーが熱いので注意してください。

グルーはすぐに固まるので、すばやく固定します。

11.バラの完成です。

花びらの開きぐらいはお好みです。

直径8㎝の円から、2~3㎝のバラになります。

 

12.次に葉っぱも作ります。

ハサミで自由に切り抜きます。

13.葉っぱに丸みをつけて1枚ずつ変化をつけます。

私はアイスピックを加工に愛用しています。

丸みをつけるだけなので、ペンでも代用OKです。

色々な形や大きさでバラつきがあって大丈夫です。

 

14.グルーガンで葉っぱの根元にバラを接着します。

色違いの葉っぱをつけたら、一段と表情が変わりますね。

 

クルクルと巻かれた花びらが自然にひらきます

とてもシンプルな構造です。

いくつも作って飾れば、バラの雰囲気が更に伝わります。

飾りつけのアレンジです。

 

針金をリース状にしてグルーガンで接着してみました。

壁付けにしても良いと思います。

ひもでつるして飾っても良いですね。

 

葉っぱを添えたことで、グッとバラが映えますよね。

フリーハンドでの不規則な切り込みと、巻き方で

手作り感が楽しめます。

ピタッと!すぐにくっついて固定できるグルーガン♪

ペーパークラフトで使いやすいアイテムですよ~

 

子どもと一緒に作る時は、グルーガンの扱いに注意してくださいね。

 

ペーパークラフトでかわいいバラの作り方のまとめ

大小のサイズ、色とりどりバラを作ってみてください。

 

ハサミの入れ方は、下書きなしのフリーハンドでOKです。

きっちりとしてない方が、花模様に表情が生まれます。

ぜひ飾りつけも工夫して楽しんでくださいね♪

工作、リメイクでおうち時間も楽しく過ごせますね【写真で手順を公開】

-子育て, 工作, 画用紙
-, , ,

Copyright© 山のおやじ日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.