料理

桃の切り方!すばやくキレイにカットする方法【手順を写真で解説】

桃はとても繊細なフルーツです。

傷みやすいので、ネットに包まれて売られていますね。

柔らかい皮で薄く、なかの種が大きく固い。

果肉も柔らかく、上手に皮むきするのは、なかなか難しいフルーツです。

今回は上手に種を取って、

すばやくキレイにカットする方法を写真で解説します。

 

桃の切り方!すばやくキレイにカットする方法【手順を写真で解説】

準備をしよう!

用意するもの

・もも

・包丁

・まな板

 

小回りの利くペティナイフが良いですね。

 

それでは早速切り方をご紹介いたします!

桃の切り方

1.まず、桃のくぼみの線に包丁を合わせます。

真ん中で種にあたるまで、包丁をいれます。

 

2.やさしく手にもって、種にあてながら、

ぐるりと1周切り込みをいれます。

一般的には、この半分の切り込みに沿って、ひねり半割にしますが…

 

3.ここがポイントです。

十字になるように、もう1周切り込みをいれます。

 

4.両手でやさしく、包み込むように持ちます。

十字の切り込みに沿って、左右の手を逆回転にひねります。

 

5.十字に左右ひねっていると、種がはずれた感じが手に伝わります。

6.十字の切り込みで種が取れやすくなりました。

これで1/4にカットされます。

(実に種が付いていても手で取れます。)

 

7.1/8カットのくし形にします。

 

8.くし形の実を立てて、皮と実のあいだに包丁をいれます。

 

9.包丁で皮をおさえるようにしながら、くし形のカーブに沿って皮をむきます。

 

10.上手にむけると、やわらかい実の表面もツルっとなります。

 

11.盛りつけ例です。

せっかくなので、キレイにむけた皮も飾りに盛ってみました。

ゼリーをかけてみました。(表面の酸化防止です。)

盛りつけて冷やして、サッと提供できます。

 

桃の食べごろは?

桃は高級品のイメージがありませんか?

せっかくの桃を切ってみたら固かった。もしくは柔らかくなりすぎてしまった。

皮や種と格闘しているうちに、果汁でべたべたになって、果肉がつぶれてしまった。

そんな経験も、今回の種の取り方と皮むきをマスターすれば安心です。

そして一番の問題は食べごろの見極め。ポイントは「香り」ですね。

固さを押して確認すると、果肉が傷つきます。

 

美味しく食べるためにもタイミングを逃さない様にしましょう。

常温保存で「追熟」して、桃の甘い香りが強くなった時が食べごろのサインです。

最初から冷蔵庫保存すると、冷えるだけで追熟しません。(甘みも出ません)

しっかりと香りを確認して、食べる直前で冷やすことをおすすめです。

 

桃の切り方 のまとめ

桃はつよくつかむと果肉がつぶれ傷つきます。

やさしく包み込むように、十字の切り込みを入れることがポイントです。

慎重にひねって種を取りましょう。

丁寧にやさしく育てられた、繊細な桃をおいしく食べてくださいね。

カッティングが上手くなると、盛り付けも楽しくなりますね。

フルーツボーラーの使い方【写真で公開】

-料理
-, , ,

Copyright© 山のおやじ日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.