雑学

天皇即位の礼、即位礼正殿の儀が始まると雨が止み虹がかかる!天叢雲剣のパワー!?

更新日:

令和元年10月22日、天皇即位の礼、即位礼正殿の儀が執り行われた。

当日は、雨が降っていた皇居周辺。

 

雨雲を呼び出すといわれる天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)が使用されたからといわれているが・・・

 

即位の例に使用される天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)とは

天叢雲剣草薙剣とも言われ、三種の神器の一つ。

三種の神器とは

即位礼正殿の儀が始まると、雨が上がり、虹がかかった皇居周辺。

天候までも祝福しているようで、まさに神がかっているとTwitterで話題になっていました。

まとめ

即位礼正殿の儀、世界各国の要人が集まり、天皇即位を国内外に知らしめる儀式。

日本の皇室は、世界に類を見ない、2000年以上続く世界最古の王朝といわれています。

国名が変わらず、一つの国としてこんなにも長く存続している国は、日本をおいて、他にありません。

 

令和という時代がますます平和で、豊かな時代になるといいですね。

合わせて読みたい→即位礼正殿の儀で復権

-雑学
-, ,

Copyright© 山のおやじ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.