子育て

赤ちゃんのミルクはいつまであげればいいの?

 

1人目のこどもだと、いろんな悩みは付き物ですが、赤ちゃんの飲んでいるミルクは、いつまであげれば良いのでしょうか?

 

完全母乳だと、ミルクをあまり購入しませんので、新生児用の後の、フォローアップミルクの存在を、詳しく知らなかった・・・なんてこともありますよね。

 

赤ちゃんが離乳食を食べ始めている9ヶ月に、ミルクはフォローアップに替えていきますが、なぜ飲むのかを、きちんと理解すると、いつまで飲ませてあげれば良いのかが、分かってきますので、これから詳しくお伝えしていきますね。

 

 

赤ちゃんのミルクは離乳食完了期でも必要?!

離乳食には、初期から完了期までありますが、完了期になるまでは、たくさんの量を食べることができませんので、栄養補給をしなければ全く足りません。

 

そこで、栄養たっぷりのフォローアップミルクが必要になります。

 

3回食になっても、まだ食べる量にムラがあったりするので、ミルクを食後に飲ませてあげれば、離乳食では取れなかった栄養を、取ることができます。

 

1歳を過ぎたら、牛乳も飲むことができて、きちんと3回食になったし、これで栄養素も十分だからと、ミルクをやめてしまう人は多いようです。

 

3回食になって、栄養たっぷりの離乳食を、きちんと食べれて、牛乳もしっかり飲めるのならば、フォローアップミルクは、必要ないかもしれません。

 

ただし、好き嫌いある、食べる量が少ない場合は、3歳まで飲むことが、推奨されています。

 

食事では、取りにくい鉄分やDHAを補給してくれますので、完了期になってもわが子のために、しばらく続けてみてください。

 

赤ちゃんのミルクを料理にも!牛乳の代わりに使用してみよう

 

たくさん入っている、フォローアップミルク缶なので、3回食になって必要ないかもと思っていても、残ってしまうことになるかもしれません。

 

そんな時には、牛乳の代わりにいつもの料理にササッと加えてみるのがおすすめです。

 

簡単に栄養たっぷりの料理になりますので、使用してみてください。

 

もちろん、離乳食の中にも使用できますので、蒸しパンやシチューなどを作る時に、利用してくださいね。

 

まとめ

フォローアップミルクは離乳食を食べ始めた9ヶ月から、離乳食が完了期して3回食になって、牛乳もしっかり飲めるようになるまでは、いろんな種類がありますので、お気に入りをみつけたりして、飲み続ける方が良いと思います。

 

食事では取れなかった栄養補給として、1日の中で決められた量を、飲んでみてくださいね。

-子育て
-, ,

Copyright© 山のおやじ日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.