子育て 雑学 風水害

段ボールベッドはかなり万能アイテム 災害時の避難用具としても快適です。【元防災担当】

読者
ダンボールベッドって潰れそうで怖いなあ。

こう言った疑問に答えます。

 

本記事のテーマ

段ボールベッドはかなり万能アイテム 災害時の避難用具としても快適です。

避難所で過ごす場合に一番困るのが就寝場所です。

多くの場合が、学校の体育館など、板張りの上に寝るので、敷物がないと基本寝れたものではありません。

 

大阪市の場合も、避難所に段ボールベッドを装備するなど、いざという時に備えています。

 

この記事では

・段ボールベッドの必要性

・普段使いにも豊富な種類があった

・災害備蓄物品のおすすめ

 

について解説していきます。

段ボールベッドの必要性

避難所に設置されていることが多いですが、市町村によって異なります。

必ずしも必要なものとしてはされていないということです。

 

何より大事なのは、水、食料の確保です。

 

段ボールベッドは、普通の段ボールを組み立てるだけでベッドに早変わりするというもので、誰でも簡単に作ることができるものです。

 

多くの人が密集するため、視線も気になりますね。

ついたてがセットになったものもあります。

 

コロナ禍で、ソーシャルディスタンスが保つことが難しい時も、ついたてがついているだけで、少し安心しますね。

普段使いにも豊富な種類があった

実は、災害物品としてだけではなく、段ボールベッドは、普段使いにも十分耐えれるほど丈夫にできているんです。

例えば、ベビーベッド。

赤ちゃんの時にしか使えず、結構な場所を取るベビーベッドも、段ボール製なら、いらなくなってもすぐに捨てることができますね。

 

しっかりとしたベビーベッドは、孫の代にも使えますが、それまで置いておくスペースが・・・なんて方も多いですよね。

 

 

災害備蓄食品のおすすめ

なんといっても備蓄食品は命を繋ぐためにも必要不可欠です。

普段から、家族が1週間買い物へ行かずとも食べられるものを常備しておくと、非常に便利ですね。

 

そして、ローテーションしながら、備蓄食品を入れ替えておくと、いざという時に賞味期限切れなんてこともありません。

防災用の備蓄品 備蓄水 賞味期限を切れささないローリングストックが効果的

 

段ボールベッド まとめ

避難所の中だけでなく、普段使いにも十分対応可能な段ボールベッド。

 

見た目がダンボールなので、避難時のみということがよく考えられていますが、実用性はバッチリです。

 

いろんなシーンで活躍しそうですね。

 

 

-子育て, 雑学, 風水害

Copyright© ハルブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.