料理

チョコソースでアートな盛りつけ!グレードUP!ソースデザインの手順を紹介♪

読者の悩み

読者

チョコソースできれいな模様を描けるとたのしいだろうなあ

 

✅おどろくほどかんたん!でも存在感はぐっと!

これはたのしい~♪

カフェ風な盛りつけを演出できます。

デザインを考える、アートな遊び心を刺激します。

 

✅この記事のテーマ

チョコソースでアートな盛りつけ!グレードUP!ソースデザインの手順を紹介♪

 

市販のソースですぐできます。

準備するもの

・クッキングシート

・チョコソース

・スプーン

・竹串

 

今回はクッキングシートでコルネを作ります。

コルネとは円すい形のしぼり袋ですね。

ソースディスペンサーでもできますよ。

先端の出口が小さいほうが細かく描けます。

コルネの作り方からソースのアレンジを紹介

  • クッキングシートで長方形(3:2)にして、ななめにカット。

 

  • 支点部分が先端になります。

 

3.支点を細くしながら、巻いて円すい形にします。

開口部の内側に折り込んで固定します。

(ホチキスで固定してもOKです。)

 

  • たおれない容器にいれてソースを6分目くらいまで注ぎます。

(入れすぎに注意です。)

 

5.クリップで止めれば安心。

 

  • まずは練習で直線から。

ソース太さは先端を切って調整してください。

う~ん。ちょっとヘタですね。

右手で押して量を調整しつつ・・・

左手で先端近くを持つと安定します。

 

  • ここで、竹串の出番です。

かんたんに波もようが出来ました。

 

7.逆にソースを波形にして、まっすぐ線を引いてみました。

印象が変わりますね。

 

8.次はドット柄です。

こちらも線を引くだけで、違うデザインになりました。

 

9.スプーンで器をなぞります。

 

10.シュッと!ひとすじ。かんたんです。

 

11.それでは、盛りつけ例です。

ただのバームクーヘンが、おしゃれなカフェ風に映えます。

 

パターンは無限大?発想は自由!楽しみ方いっぱいです。

今回はチョコソースでチャレンジしました。

盛りつけの応用に使えるテクニックです。

やってみると意外とかんたんでしたよ。

 

いろんなパターンをお皿に試してみたら、チョコだらけになりました(笑)

 

ちょっとした工夫で、盛りつけをグレードUPできます!

応用の発想は自由。

いろいろな色のフルーツソースはもちろんですね。

 

例えばケチャップやマヨネーズのようなディップソースでもOKですよ。

すこしトロ~っとした、ねばりのあるソースなら何でもイケそうです。

 

器の色や形も、盛りつけの選択肢がふえますね。

 

チョコソースでデザインのまとめ

いろいろな盛りつけのデザインをイメージできます。

楽しみがふくらみますよ。いろいろなソースでの応用ができます。

料理を盛りつける幅がひろがりますね。

ぜひチャレンジしてください♪

 

キウイの皮むき方法!〇〇で簡単、手順を紹介します。

 

-料理
-, ,

Copyright© 山のおやじ日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.