料理 生活 雑学

ブロッコリーの変色!茶色は食べられる?黄色は?

更新日:

新鮮なブロッコリーはとっても栄養価も高く、美味しいですよね。

 

しばらく経ってくると、独特のたくあんのような匂い

この匂いでも全く大丈夫。食べられます。匂いが気にならないようにするには。

 

ブロッコリーの臭いを消す方法がある?オススメの保存法や調理法とは?

 

ブロッコリーの変色は食べられる。

ブロッコリーの変色は、緑→黄色→茶色という風に変色していきます。

 

黄色になるのは、花が咲いている過程ですが、味も、栄養も落ちているので、変色する前に食べるのが望ましいです。

気になるのであれば、黄色の部分を切り落とすなどすると良いでしょう。

 

気にしなくてはいけないのは、茶色に変色した時です。

茶色に変色したということは、もう腐っている。もしくは、腐る寸前のところです。

 

匂いも、腐っている匂いがするのであれば、食べないで捨てましょう。

また、ぬめりなども出てくるので、こうなれば、即、ゴミ箱行きです。

 

ブロッコリーの食べ頃、賞味期限は、大体1週間くらいと思っておくといいですね。

 

茹でたブロッコリーだと3日以内には食べるようにしましょう。

茹でたあと冷凍保存すると日持ちもするのでオススメですよ。

冷凍保存した野菜はどうやって料理に使うの?

 

紫に変色したブロッコリーは大丈夫?

冷蔵庫に冷やしていると紫に変色したりもしますが、これは、寒いところに保管した時に起こる変色で、

寒さに耐えるための防御本能として出てくるものなので、

全く問題なく食べることができます。

紫になるのは、ブルーベリーなどでも有名なアントシアニンによるもの。

 

アントシアニンは、ポリフェノールの一種なので、とっても栄養価が高く、甘さも増しているのです。

ただし、水に溶け出してしまうので、茹でたりすると、緑のブロッコリーに戻ります。

 

なので、シチューなど、汁も飲める料理にすると、まるごとの栄養をとることができちゃいますね。

とっても栄養価の高いブロッコリー

美味しく食べたいですよね。

まとめ

ブロッコリーの変色は、黄色までなら食べられるが、栄養価も少なく美味しさも半減してしまう。

なるべく、1週間以内に食べるようにし、茹でたものだと3日以内には食べるようにする。

 

紫色の変色はポリフェノールによるものなので、気にする必要はない。

 

 

工夫次第で色々楽しめるので、健康のためにも

無農薬で食べたいですよね。

新鮮な野菜を手に入れるには、やはり、宅配が便利!

買いに行くのが面倒だったりする時も、

宅配システムがあれば、とっても便利ですよね。宅配野菜の厳選4種類を紹介!おすすめはこれ!

-料理, 生活, 雑学
-, ,

Copyright© 山のおやじ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.